楽しむ禁煙:心も体も自由へ羽ばたこう!

howsoon.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 13日

ハリザッコさん、おめでとう

ハリザッコさんがついに卒煙となった。本当は2月15日が禁煙1周年なのだが、都合で4日早い卒煙宣言となった。

目出度いことではあるが、やはり淋しい。私が禁煙を開始して「ダメ人間の禁煙日記」の「禁煙なんでも掲示板」に禁煙開始を書き込んだのだが、それに最初に励ましのレスを書いてくれたのが、ハリザッコさんだった。

それからハリザッコさんにはずいぶんいろんなことを教えてもらった。ハリザッコさんが半年の禁煙後、たった1本のタバコで喫煙者に戻ってしまった話は、1本お化けの怖さをつくずく教えてくれた。この話のおかげで私は禁煙開始から、たった1本のタバコも吸わないで今まで禁煙を継続することができた。

掲示板で他の人の書き込みに対して、励ましのレスの書き方も、ハリザッコさんから学んだことがたくさんある。どんな書き込みにもハリザッコさんは優しい言葉で、本当にその人の励みになることを書いてくれていた。

ハリザッコさんのブログで、たくさんの禁煙仲間の人と知り合った。しろうさんや恵理乃さんや池pさんなどだ。今はもうなくなったが、しろうさんの掲示板にはたくさんの人が集まってきて、とても活気があった。

禁煙3ヶ月などの節目の日に花火を上げて記念日を祝福したのは、ハリザッコさんが始めたことだった。しばらく経ってからハリザッコさんに言われて、私が花火の打ち上げを引き継ぐことになった。3ヶ月とか半年の記念日に、ネットで花火を探して打ち上げた。たくさんの人がそれを見に来て喜んでくれたので、私もとても楽しかった。

日本テレビの笑点で桂歌丸師匠を見ると、いつもハリザッコさんは、歌丸師匠のような人じゃないかなと思ってしまう。あるときハリザッコさんにそれを言ったら、そんなに年はとっていません、と言われた。確かにもっと若い人だと思う。ハリザッコさんが秋田県在住の人だとは知っているが、ついにどんなお仕事をされている方なのかは知らずじまいだった。

ハリザッコさん去年の4月から長い間お付き合いくださいまして本当にありがとうございました。ハリザッコさんの今のブログは無くなってしまうのでしょうか。本当に淋しい気がします。時々は誰かのブログや掲示板にぶらりと遊びに来てくださいね。どこかでまたお会いできることを心から楽しみにしています。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-02-13 19:54
2006年 02月 09日

喫煙は病気か

喫煙は病気と定義すると、治療しなければならないことになる。病気の治療は医者にしか出来ない。病気なら治療には健康保険を適用することになる。

週刊新潮によると、これは病人を増やすために医者と病院が厚生労働省に働きかけた結果だという。

喫煙者という病人が急激に増えて、しかも保険で治療するので医者や病院は大もうけというわけである。

でも病気だと言うなら治療法は確立しているのだろうか。ニコチンパッチは今でも医者の処方で出しているが、これで確実に治療できる保障があるのだろうか。

治療をして非喫煙者になっても、また病気が再発して喫煙者になる人もいるので、病人はそんなには減らないかもしれない。その度に保険で治療するのだろうか。

また、病気の治療は医者しか出来ないことになっているので、アレン・カー東京の禁煙セラピーは犯罪行為になってしまうのだろうか。

喫煙者のなかには、俺は好きでタバコを吸っているので、病気なんかでは無い、だから病院には行かない、と言う人もいるだろう。いや、あなたは病気だから病院に行ってください、と夫婦喧嘩になる人もいるだろう。

保険でタバコを吸わない人が増えるなら保険適用も大賛成だが、でも私の禁煙の経験から言うと、医者に頼るだけでは禁煙出来ないような気がする。

禁煙は自分の生活習慣を変えることだから、最後は自分の決意と自覚でしか成功しないと思う。

でも、喫煙という病人を作るタバコの自販機を野放しにしておいて、その病人を保険で治療するというのは、どう考えてもおかしい、という議論が出てこないのは、なぜだろう。やる順序が逆なのにね。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-02-09 18:48
2006年 02月 09日

ポンポンポン

車を運転していて、赤信号で止まった。

前の車に男の人が一人で乗っていて、タバコを吸っている。

一口吸う度に窓から手を出して、タバコをつまんで人差し指でポンポンポンと十回ぐらいタバコを叩いて灰を落としている。

もう一口吸ったら、またポンポンポンと十回。変なタバコの吸い方をする人だな。車の灰皿に灰を捨てればいいのに。

信号が青になった。火のついたタバコを道路にポイと捨てて発進した。

最低のマナー。

タバコを吸ってること自体が誰でも恥ずかしいと思うような世の中になればいいのにね。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-02-09 15:41
2006年 02月 08日

もうすぐ300日

今日で291日、もうすぐ禁煙300日がやってくる。ここまでくればタバコを我慢しているという感じはしない。吸わないのが当たり前という感じだ。

4ヶ月目ごろはいろいろ理由をつけて、時々吸いたいと思っていたが5ヶ月目ごろから吸いたい気持ちが無くなった。

今でもたった1本で禁煙は崩れてしまうという怖さは忘れてはいけない。たった1本で元の木阿弥の喫煙者に戻ってしまうのが、タバコの恐ろしさだ。

ある人に聞いたら、タバコをやめて10年経っても15年経っても、時々吸いたいと思うことがあるそうだ。そして何年経ってもたった1本のタバコで喫煙者に戻ってしまう危険性はずっとあるとたくさんの人が書いている。

だから絶対に吸わない。近くの大きなショッピングモールの入り口に灰皿があって、喫煙所になっている。たいてい誰かがタバコを吸っている。最近は女性で吸っている人が目立つようになったと思う。

タバコを吸っている人を見ても吸いたいとは思わない。むしろ反面教師としてみている。以前は僕もあんなにして吸っていたなあ。吸っても吸ってもまた次のタバコが欲しくなるんだよね。あの人たちはまだ禁煙しないのかな。ずっとニコチンにだまされ続ける人生をおくるのかな。などと考えながらタバコを吸う人を見る。

今はむしろ吸わないでいることがうれしい。体に悪いことをしなくていいし、無駄な金を使わなくていいし。

4月23日で禁煙満一年になる。これからもずっとタバコの無い生活を続けていこう。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-02-08 19:56
2006年 02月 02日

ダイエット

禁煙仲間の皆さんが、もう禁煙は当たり前になってしまって、それぞれのブログにタバコについての記事はほとんど書かなくなってしまった。

それに代わって話題の中心になっているのが、「ダイエット」である。タバコをやめるとやはり太るのだろうか。でもなぜ太るのだろうか。

食事が美味しくなって食べる量が増えるから?口がさみしくなって間食をするようになるから?

がぼさんのブログに詳しく書いてあるように、全ての成人病は肥満が原因となっている。一度肥満体になってしまうと、肥満は食事を初めとする生活習慣と密接に結び付いているので、減量するのは大変のようである。

ゆきたんのブログに標準体重を教えるサイトが書いてあったので行って見た。私の身長は178cmなので、標準体重は70kgだそうである。私の今の体重は68kgなので肥満ではない。でもウエストが以前は70cm台だったのに今は85cmになってしまった。

がぼさんの記事によると男性でウエストが85cm以上は内臓脂肪肥満の可能性が高いそうだ。だから私の今の課題は何とかしてウエストのサイズを減らすことである。

運動も大事だが一番いい方法は夜おそく食事をしないことだと分かっている。でも仕事の関係で平日は家に帰るのがどうしても夜10時になってしまい、それから食事をして焼酎をのんで寝るので、脂肪がついてしまう。

うーん、どうしたらいいのだろう。本とかネットでいろいろ調べる必要がありそうだ。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-02-02 15:54
2006年 01月 28日

プロスポーツとタバコ

プロ野球の楽天イーグルスが今春の沖縄・久米島キャンプで、1、2軍全選手の"禁煙化"に乗り出すそうだ。

このニュースを聞いて、へぇ、プロのスポーツ選手でもタバコを吸うのか、とちょっと意外な気がした。

どんなスポーツでもプロならば、自分の肉体的能力を最大限に出すために、タバコは吸わないというのが本来の姿ではないだろうか。

楽天が全面禁煙化に踏み切ったのも、「喫煙は瞬発力の神経系に影響が出て、動作が鈍くなる。」というのがその理由である。新人選手と1,2軍選手にも「タバコの害」についての講義をするそうだ。

約40%のプロ野球選手が喫煙していると言う調査もある。試合中でもテレビや観客に見えないところで喫煙しているという報告も2チャンネルにはたくさんある。野球だけではなくプロのサッカー選手でも喫煙者がいるという話だ。

プロゴルファーの尾崎将司がトーナメント中にティーグランドだけでなく、フェアウェイを歩きながらタバコを吸っているのがテレビに映って、視聴者に叩かれたことがある。

東北高校に在学中にダルビッシュが喫煙写真を取られて問題になったが、結局は日本ハムの選手になった。今は吸っていないのだろうか。

楽天の場合は、昨年9月、三木谷オーナーが禁煙。そこから米田球団代表ら球団幹部にも、オーナー直々に禁煙指令が下され、フロントは既に禁煙派が主流となっているそうだ。フロント、チーム一丸となって禁煙活動に取り組むということである。

プロ野球だけでなく全てのプロスポーツに三木谷オーナーのような、高い見識を持ったリーダーが現れることを期待したい。全てのプロスポーツ選手の禁煙が徹底されれば、高校野球で選手が喫煙して、甲子園出場を辞退したなどということは、一切無くなるに違いない。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-01-28 16:44
2006年 01月 25日

イタリアでも禁煙法

ニュージーランドでは室内禁煙法が施行されて、喫煙者が大幅に減少したことを先日書いた。ここをクリック

イタリアでも同様の禁煙法が、2005年1月10日(月)より施行されて、レストラン、バール(飲んで食べれるカフェ)、ピッツェリア(ピザハウス)から、美術館、映画館、博物館など、すべての屋内・公共の場での喫煙が禁止となった。

この禁煙法が施行されてから10日で1年。バー、レストランでの喫煙客だけでなく、喫煙を見逃した店側にも罰金が科される厳しい法令に当初は反対の声も強かったが、保健省は同日「1年間で50万人以上がたばこをやめ、心筋梗塞(こうそく)の患者も減った」と効用をアピールしている。

同省によると、たばこの年間売り上げは1年で5・7%減少。たばこ店協同組合は同10・5%減ったと主張しているそうである。

これを見て分かるとおり、禁煙法に最初は反対しても、実施すると禁煙に踏み切る人がとても多いことが分かる。理由は簡単で、喫煙者の6割以上の人がきっかけがあれば禁煙したいと思っており、タバコを吸えない場所が増えて自分の周りにタバコを吸わない人が増えることは、心の中では禁煙の絶好のチャンスだと思っている人が多いのだと思う。

このように公共の場での禁煙を実施する国が増えているのに、日本では健康増進法で分煙化がやっと義務付けられたばかりです。しかもタバコの自販機は野放し状態で、室内禁煙法などの法制化は、話題にもならないのが実情です。いつまで禁煙後進国でいるつもりなんでしょうか。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-01-25 16:24
2006年 01月 23日

お酒バトン

わん子さんから匿コメントでバトンをもらいましたので、挑戦してみます。
ゆきたんやわん子さんみたいに、上手に書けないかも。

1.酔うと基本的にどうなりますか?

酔うとよくしゃべるようになります。なぜこんなにいろんなことを思いつくんだろう、と自分でも驚くくらいよくしゃべります。若いときは人の揚げ足をとったり、いやみを言って場をしらけさせていましたが、この年になると、人をほめて気持ちよくさせるのが上手になりました。

2.酔っ払った時の最悪の失敗談はなんですか?

今は絶対にしませんが、20代には飲酒運転をしました。取引先の人と飲んで車を運転して帰る途中で、高速を降りて環八で信号待ちをしているときに、寝てしまいました。周りがプープー鳴らすので、やっと目が覚めて何とか家に帰りました。ヤバカッタです。そのころは世田谷の希望が丘に住んでいました。

3.その時は何をどれくらい飲みましたか?

そんなに飲んでいないと思いますが、前の晩が遅くて多分睡眠不足で飲んだのが効いてしまったようです。

4.最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?

20歳の頃は自分の適量が分からず、飲みすぎてトイレでゲロゲロ吐いていました。でも、30を過ぎてからはだんだんと適量も分かるようになって、ある程度酔っ払ったら体が受け付けなくなるので、ひどい二日酔いはありません。

5.いま冷蔵庫に入っているお酒の種類と容量は?

お酒はそのつど買うので、蕎麦焼酎の紙パック1.8㍑が1本あるだけです。

6.好きな銘柄は?

焼酎の薩摩白波は全国区ですが、鹿児島の指宿のローカルの銘柄で、薩摩の馨というのがあります。これは懐かしいです。

7.最近最後に飲んだ店は?

熊本市の街に天草という店があります。小さい店ですが、魚が豊富ですごく美味しいです。値段も手ごろです。おでんも美味しいです。寿司もあります。

8.よく飲む、もしくは思い入れのある5品

・恵比寿ビールの黒ビールが美味い。
・チンザノの赤をロックで1杯は美味い。
・新潟のお酒で、菊水と言うのをもらったことがある。アルミのワンカップです。これはすごく美味しいです。冷で飲みます。
・サントリーの白ボトルを水割りで。新宿の西口にマルセリーノという店があって、そこには白ボトルしか置いてなかった。
・焼酎は熊本、人吉の「白岳しろ」が美味いです。

まあこれくらいかなあ。若いときは酒をのんで、ああだこうだ、とよく議論しましたが、今はニコニコと朗らかにお酒を飲みます。
同年代の人と飲むのもいいけど、若い人と飲むのも面白いですね、若い女性をからかいながら飲むのは一番楽しいですね。
[PR]

# by howsoonjp | 2006-01-23 15:54
2006年 01月 19日

知事が禁煙の病室でタバコ

愛媛県の加戸守行知事が松山市の県立中央病院で人間ドックを受診した際、全館禁煙なのに控室だった病室でタバコを吸ったことがニュースになっている。

以前ならニュースにもならないことだと思うが、禁煙の病室で、しかも知事がタバコを吸うなどと言うことは、非常識極まることだという考えが、今や社会通念となっているということだと思う。

禁煙の病室を知事の控え室に指定したのだが、知事が喫煙することを知っていた病院側が、気を利かせて灰皿を置いたものである。禁煙を勧めるべき病院側の対応もおかしいが、灰皿があるからといって禁煙の病室でタバコを吸う知事もおかしい。

記者に「これを機にたばこをやめてはどうか」と聞かれて、知事は「私に禁煙しろというのは極論すれば死ねということだ。」と答えている。

今や世界の潮流は「タバコは撲滅すべきもの」という考えが主流になりつつあるときに、タバコに対するこのような考えは実に驚くべき時代遅れのものである。知事自身が恥ずかしくないのか、いや、このような考え方の知事がいて、愛媛県の県民、特に教育関係者は恥ずかしくないのだろうか。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-01-19 21:22
2006年 01月 18日

喫煙スイッチ

姪っ子の夫婦と正月に久しぶりに会った。夫婦で花屋をしている。

私が、タバコをやめて9ヶ月目になると言うと、姪が、うちの人も6ヶ月タバコをやめていたのに、また最近吸い始めてしまった、と言う。
それで本人に、6ヶ月も禁煙できたのになぜまた吸ってしまったの?と聞くと、仕事でストレスがあってイライラしたときに、つい吸ってしまったのだと言う。

禁煙した理由を聞くと、女房に、しょっちゅう店の裏にタバコを吸いに行って、臭い息でお客に接していては、花屋のイメージを悪くするからやめて欲しい、と強く言われて禁煙に踏み切ったのだと言う。

つまり自分では禁煙を納得していないし、禁煙してからもいつもタバコを吸いたいと思っているし、吸えない自分を惨めに思っていたので、なにかきっかけがあれば、喫煙スイッチが入ってしまう状態だったらしいのである。

禁煙は人に言われて始めてもなかなか続かないようだ。やはり自分の本当の決意が無ければ継続は出来ない。

なぜ9ヶ月禁煙できているのかと私に聞くので、私は、タバコのことをトコトン勉強して、タバコが肺癌の最大の原因であること、全身に様々な害を及ぼすこと、タバコは麻薬であることをしっかりと理解して知ることだ、とこたえた。

インターネットにたくさんの禁煙サイトがあってそこでタバコの害についてたくさん書いてあるから読むように、禁煙掲示板で禁煙仲間と知り合うのも非常に有効であること、ブログで自分の決意を語るのも役に立つこと、などを教えた。

もう一度禁煙の必要性を自分で理解して、自分でしっかり禁煙の決意をしてから禁煙を始めることを姪っ子の夫に勧めた。

[PR]

# by howsoonjp | 2006-01-18 16:51