楽しむ禁煙:心も体も自由へ羽ばたこう!

howsoon.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

飲食店の禁煙のレベル

健康増進法が施行されてから、タバコの副流煙の害について考える人が多くなった。

飲食店でも分煙をしている店もあるし、何もしていない店もあり、さまざまである。

レベル1:何も考えていない店。
オーナー兼調理人が喫煙者である店。分煙もなにもしていない。全てのテーブルに灰皿が置いてあり、どうぞタバコを吸ってくださいと言いたげな店。喫煙者にはうれしい店だが、タバコ嫌いや妊婦には辛い店である。

レベル2:喫煙席と禁煙席を設けているが、仕切りはない店。
煙は自由に店内を流れるから、禁煙に関しては気休めの店。ファミリーレストランやハンバーガーショップに多い。一応建前上、禁煙の姿勢は示しているだけである。

レベル3:時間帯禁煙の店。
ランチタイムで店が混み合う時間、たとえば11時から2時までは全面禁煙にして、灰皿も置かない店。時間帯禁煙をテーブルにはっきり表示してある。ちゃんぽん屋や、ラーメン屋に多い。20~30分で客は回転するので、喫煙者でもあまり文句は言わないようだ。

レベル4:喫煙席と禁煙席を完全に間仕切りしてある店。
ガラスで天井まで完全に間仕切りしてある。一般的に禁煙席が優遇されて、いい場所にある。喫煙席は奥に追いやられて、居づらい雰囲気。コーヒーショップなどに多い。

レベル5:完全禁煙の店。
一部のコーヒーショップや全国チェーンの居酒屋などで禁煙を売り物にする店。タバコを吸わない人が好んで行くので、客足にはあまり影響がないという意見もあるが、地方ではまだ少ない。

ところが最近レベル4とレベル5の間にレベル4,5ぐらいの店を発見した。ダイヤモンドシティ・クレアにある、カジャという韓国料理の店である。ここでは店内禁煙であるが、一箇所だけ喫煙場所を設けてある。店の一番奥に1m四方ぐらいのガラス張りの場所があり、そこに灰皿が置いてある。椅子もテーブルも無い。立ってタバコを吸うだけの場所で、どうしても吸いたい人はここで吸ってください、と言いたげな場所である。なるほど、これなら店内全面禁煙ではありませんと言える訳だ。でもここで吸っている人はあまり見かけない。案外いい方法かもしれない。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-28 17:09
2006年 02月 27日

禁酒するかな

しろうさんが禁酒したそうである。しろうさんは禁煙仲間で、私より2日前に禁煙を開始した人なので、無関心ではおられぬ人なのである。

タバコを止めることが出来た人は、アルコールも止めることができるだろうか。

酒は百薬の長などといって、適量のアルコールは体にいいと言われている。しかしタバコと同じで、体にとって必ず必要なものではない。大人でアルコールを飲まない人はたくさんいる。

酒は何のために飲むのだろうか。冠婚葬祭や社交の潤滑剤という考え方がある。アルコールのない結婚披露宴は可能だろうが、あまり聞いたことはない。そんなことをしたら、お酒の出ない披露宴だったと、後ろ指を差されるかもしれない。

一人で酒を飲む場合は、夕食時に、いわゆる晩酌で飲む。私の場合は焼酎のお湯割を3杯程度飲む。なぜ飲むかというと、リラックス、気分転換のためである。もう一つは睡眠導入剤である。一杯の焼酎で寝つきが良くなる。

タバコを止めて生活のスタイルが変わったように、アルコールを止めても多少は変わるかも知れない。食べるものも少しは変わるかも知れない。お酒のつまみという食べ物が要らなくなる。

タバコを吸う人はニコチン中毒である、と言われてもあまり抵抗がなかったが、お酒を飲む人はアルコール中毒だと言われるのには、ちょっと抵抗がある。お酒をたしなむことと、アルコール中毒になっている状態とは、ちょっと違うような気がする。でも実際はどうなんだろうか。

いままでは禁煙に関することをネットで探して見ていたが、これからはアルコール依存症についてネットで探して、アルコールの危険性について徐々に勉強して行けば、だんだんと禁酒への意識が高まるだろうか。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-27 19:37
2006年 02月 24日

シャンプーは必要か

先日NHKラジオの「私の本棚」を聞いていたら、慶応大学病院の医者が書いたという本を朗読していた。

その内容は、恥ずかしいことだからあまり人に話すなと言われているが、その医者は入浴するときに、ボディシャンプーを使わず、お湯で体を洗うだけである、というものである。

なぜシャンプーを使わないでいいかと言うと、人の皮膚は皮下で作られて、新陳代謝によってだんだんと皮膚の表面に上がってきて、45日目には剥がれてふけになって落ちる、つまり毎日皮膚は剥がれているのでシャンプーで洗う必要は無いと言うのである。

本当かな?と思った。皮膚には脂、汗、埃も付くし、白癬菌に冒されることもある。お湯で洗うだけではこれらの物をスッキリと洗い流すことが出来るのだろうか。

顔にも頭皮にも脂がべっとりと出る。顔や頭皮がお湯だけできれいになるとはとても思えない。でも、タオルやスポンジにシャンプーを付けて、ゴシゴシこすって洗う必要もないようだ。

特に冬はあまり汗をかかないし、洗い過ぎると皮膚がカサカサになってしまうので、私の場合は軽く洗う程度にしている。

つまり、頭皮と顔と陰部と足首から下は、シャンプーをつけて洗う。それ以外はシャワーでお湯をかけて手で洗うだけである。これだけで冬は十分である。

冬でも湯船には入らない。お湯で洗ったあとは、シャワーで水を浴びて終わりである。水を浴びた後は体がほかほかと温まる感じがする。頭から足先まで全身洗って、私のシャワータイムは15分で終わる。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-24 17:51
2006年 02月 22日

牛乳を飲んではいけないのか。

前に紹介した、新谷弘実医師の「病気にならない生き方」という本では、牛乳は体に悪いので飲まない方が良いとされている。

以下、牛乳を飲まない方がいい理由の要点です。なおここで言う、「ミラクル・エンザイム」というのは、かんたんにいうと、人間の生命活動を担っている5000種以上の「ボディ・エンザイム(体内酵素)」の原型となるエンザイムのことです。

牛乳ほど消化の悪い食物はない。牛乳に含まれているタンパク質の約8割を占める「カゼイン」は、胃に入るとすぐに固まってしまい、消化が悪い。

市販の牛乳はその成分がホモゲナイズ(均質化)されている。つまり、搾乳したままの牛乳の脂肪分は粒が大きく、上に浮いて固まってしまう。この脂肪分を均質化(小さくする)させるために攪拌する。攪拌するときに牛乳に空気が混じり、乳脂肪分が過酸化脂質になってしまう。

過酸化脂質というのは「酸化がとても進んだ脂」という意味である。いわば「錆びた脂」ということで、これは体に非常に悪い影響を及ぼす。

その錆びた脂を含んだ牛乳を、今度は100度以上の高温で殺菌する。エンザイムは熱に弱いため、48度から115度の間で死滅する、つまり、市販の牛乳というのは、大切なエンザイムを含んでいない。

しかも、脂肪分は酸化し、タンパク質も高温のため変質しているという、ある意味で最悪の食物である。 その証拠に、市販の牛乳を母乳の代わりに子牛に飲ませると、その子牛は4、5日で死んでしまうそうである。エンザイムのない食物では命を養うことはできないということであろう。

詳しくはこちらをご覧ください。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-22 17:26
2006年 02月 21日

体にいいこと その4

壮快とか、わかさとか、ゆほびかとか、安心とか、健康とかの健康志向の月刊誌がたくさんある。

◎やせる、痛みが消える、体に奇跡が起こる! 「股関節」は万病を退治する最大の急所
◎脳が活性化して「見る力」がぐんぐん向上する  「視覚トレーニング」事典
◎ムダ肉・体脂肪がへって、くびれクッキリ! 「わき腹」ダイエット
◎濃いシミ、巨大イボ、太ジワも消えた!!最強≪毒出し美白術≫
◎医師のスケスケ頭に黒髪が復活!

などなど、新聞広告を見て、毎月毎月よくこんなに、あれが効く、これが効くと書けるもんだと感心してしまう。健康ブームだから、安心感を得るために買う人も多いのだろうか。

あるとき「壮快」に、きな粉ドリンク健康法なるものが載っていた。黒髪が生えた、高血圧が下がった、耳鳴りが消えた、抜け毛が止まったなどなど体験談とともに医者の解説が書いてある。

この手の雑誌は買ったことはないのだが、この号は買ってしまった。なぜかというと、きな粉は植物性のたんぱく質で食物繊維も多いので、体にいいかも知れないと思ったからだ。

豆腐はもちろん大豆から作るが、食物繊維はほとんど含まれていない。おからで全部取り除いているためだ。一方きな粉は大豆を煎ったものを殻ごとすり潰しているので、食物繊維が豊富である。北海道の製粉所を紹介してあったので、早速注文した。

飲み方は200~250ccの牛乳に大匙山盛り2杯のきな粉を入れて、よく混ぜて飲む。さじで攪拌しただけでは、なかなか溶けない。いろいろ工夫して、直径10cmぐらいの広口ビンに牛乳と、きな粉を入れて、しっかりとふたをして、ビンごと20~30回振るとよく混ざることが分かった。きな粉の香りが香ばしくて飲みにくいことはない。

その後、ゴマも体にいいことを知った。でもゴマは普段あんまり摂ることがないので、すりゴマを買ってきて、ゴマも大匙山盛り一杯加えることにした。その後海苔も体にいいと書いてあったので、刻み海苔を一つまみ加えて混ぜて飲んでいる。ゴマと海苔は業務用の食材専門店で買ってくる。

もう2年ぐらい飲んでいるが、どこにどう効いているのか分からない。でも病気にもならないのでどこかに効いているのかもしれない。体に悪いものではないので、続けている。私は間食をしないので、夕方にちょっと腹が減ったときに、きな粉+すりゴマ+海苔ドリンクを飲んでいる。

その後、”体にいいこと その2”で書いた、新谷弘実医師の「病気にならない生き方」という本に、牛乳は体に悪いから出来るだけ飲まない方が良い、と書いてあったので、今では牛乳は止めて、普通の水で溶いて飲んでいます。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-21 13:29
2006年 02月 18日

体にいいこと その3

毎年ではないが、何年かおきにひどい腰痛が出る。冬に出るとは限らない。夏に出たりする。出たら自分で靴下がはけないくらいに腰が痛くなる。車の運転席に乗るのも一仕事になる。

腰痛がでたら一ヶ月ぐらいは治らない。もう一生涯腰痛が治らないのではないかと悲惨な気持ちになる。

思いつくことは何でもする。ホッカイロを貼って暖めたり、シップ薬を貼ったり、遠赤外線のヒーターで腰をあたためたりする。遠赤外線ヒーターは白いセラミックから熱がでるもので、光は出ないが体の奥まで熱が通るので気持ちがいい。

あるときネットで腰痛体操について調べてみた。たくさんの記事が出ている。図や写真入りのものもあってどれを採用すればいいのか迷うほどだ。

家ではあまり体操はしないし、事務所で暇なときにするので、寝転んでする体操はやりにくい。あまりパターンが多い体操は覚えるのが大変だ。

ということで私が採用した腰痛体操は、ぐるぐる体を回転させる極めて単純なものである。

まず、肩幅ぐらいに足を開いて立つ。両手は普通に下げる。そのまま体を回転させる。手も一緒に振って体に巻きつくように回す。顔も一緒に回す。だから自分の真後ろより先が見えるぐらいまで顔を回す。右に回すときは右足で、左に回すときは左足で体重を受け止める気持ちで回転させる。

これだけである。これを5分間以上繰り返す。時間があるときに一日に2回ぐらいすればいい。おかげでここ何年かは腰痛が出てこない。

背中の筋肉がほぐれてとても気持ちがよくなります。これは実際にあるサイトにあった腰痛体操で、体を回している動画もあった。今回もう一度探してみたが、残念ながら見つけることが出来なかった。

けっこう足も使うので、ちょっとした運動になります。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-18 18:43
2006年 02月 17日

体にいいこと その2

私は朝起きたときと夜寝る前に、一日2回浣腸をしている。これは何かの本を読んだりして知ったことではなく、自分でしてみてすっきりして気持ちがいいから続けていることである。

浣腸と言えばイチジク浣腸を思い出す人がいるかもしれないが、私はそれは使わない。使うのはお湯である。

水道用のホースの先に、ホームセンターで売っている水道用のJ字型の金具を取り付ける。ホースのもう片方にホースのジョイント(接続器具)を取り付けて、風呂釜のシャワーをはずして、お湯の出口に取り付ける。準備するものはこれだけである。

使い方は、パンツを全部脱いで、洋式便器のU字型の便座(普通はここに座る)を上に上げて、便器の陶器の部分に直に座る。両足の間から先ほどのホースの先端のJ字型の金具からお湯をだして、肛門にあてがう。肛門を緩めるとお湯が直腸の中に入って行く。最初は難しいかも知れないが、肛門の緩め具合と金具の押し付け具合が分かれば、すぐ上手に出来るようになる。

ある程度直腸の中にお湯が溜まったら、金具を外して、肛門を緩めて便器の中にお湯をドバッと出す。大便も一緒に気持ちよく出て行きます。これを5~6回繰り返すと直腸の中はすっきりときれいになり、さっぱりとして凄く気持ちがいいです。

注意:あまり奥までお湯を入れると、トイレを出てから後になってお湯が出たりするので、入れすぎないように注意が必要です。

やっているうちにJ字型の金具が肛門の穴に入ってしまったら、そのまま肛門の筋肉を締める練習をすると、お湯が入りやすいし、肛門の運動にもなるのでとてもいいです。

これをすると気持ちがいいだけでなく、①毎日排便するので、便秘にならない。②肛門の内部まできれいになり、肛門の運動をするので、痔にならない。という利点があります。気持ちがいいので止められなくなります。

私はもう十年以上やっていて全然支障はありませんが、私は医者ではないので、全く問題がないのかは保証できません。

ところが最近になって、新谷弘実という医者(半蔵門胃腸クリニック 最高顧問、アメリカでも有名な医者)が書いた、「病気にならない生き方」という本に、浣腸のすすめが書いてあるのを読んだ。コーヒーを入れた浣腸がいいそうだが、なぜコーヒーがいいのかは書いてない。そして一日2回毎日続けても問題ない。浣腸をしている他の医者も知っている、と書いてある。

いま探したらここに「コーヒー浣腸」の説明があるので、見てください。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-17 15:47
2006年 02月 16日

体にいいこと

たとえそれが「健康法」と呼べるほどのものではないにしても、だれでも自分なりの「体にいいこと」を一つや二つは継続して実行しているのではないだろうか。

私がやっているのは、「風呂上りにシャワーで水を浴びる」ことである。お湯のシャワーで髪や体を洗ったあと、風呂釜のガスを切って水の状態にして、足先から徐々に上体に向けてシャワーを浴びる。もちろん頭にも顔にも体中全部に水のシャワーを浴びる。

発掘・あるある大事典の『カゼのウイルスを倒す最強鍋』によると、男女それぞれ一名ずつをマイナス20度の冷凍庫に10分間入ってもらい、入る前と後の血液を調べたところ、免疫細胞の数値がかなり上がっていることがわかったそうである。

風呂上りに水を浴びて体に刺激を与えると、体の防御反応が働いて、やはり免疫細胞が増えると何かの本で読んだことがあって、それ以来実行している。おかげで私は風邪で寝込んだことはいつの事だったか思い出せないぐらいである。

しかし真冬にいきなり水浴びを始めるのは危険である。夏の暑いときに始めて徐々に体をならして行くことが大事である。また心臓疾患のある人は医者に相談してからするべきである。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-16 19:55
2006年 02月 13日

ハリザッコさん、おめでとう

ハリザッコさんがついに卒煙となった。本当は2月15日が禁煙1周年なのだが、都合で4日早い卒煙宣言となった。

目出度いことではあるが、やはり淋しい。私が禁煙を開始して「ダメ人間の禁煙日記」の「禁煙なんでも掲示板」に禁煙開始を書き込んだのだが、それに最初に励ましのレスを書いてくれたのが、ハリザッコさんだった。

それからハリザッコさんにはずいぶんいろんなことを教えてもらった。ハリザッコさんが半年の禁煙後、たった1本のタバコで喫煙者に戻ってしまった話は、1本お化けの怖さをつくずく教えてくれた。この話のおかげで私は禁煙開始から、たった1本のタバコも吸わないで今まで禁煙を継続することができた。

掲示板で他の人の書き込みに対して、励ましのレスの書き方も、ハリザッコさんから学んだことがたくさんある。どんな書き込みにもハリザッコさんは優しい言葉で、本当にその人の励みになることを書いてくれていた。

ハリザッコさんのブログで、たくさんの禁煙仲間の人と知り合った。しろうさんや恵理乃さんや池pさんなどだ。今はもうなくなったが、しろうさんの掲示板にはたくさんの人が集まってきて、とても活気があった。

禁煙3ヶ月などの節目の日に花火を上げて記念日を祝福したのは、ハリザッコさんが始めたことだった。しばらく経ってからハリザッコさんに言われて、私が花火の打ち上げを引き継ぐことになった。3ヶ月とか半年の記念日に、ネットで花火を探して打ち上げた。たくさんの人がそれを見に来て喜んでくれたので、私もとても楽しかった。

日本テレビの笑点で桂歌丸師匠を見ると、いつもハリザッコさんは、歌丸師匠のような人じゃないかなと思ってしまう。あるときハリザッコさんにそれを言ったら、そんなに年はとっていません、と言われた。確かにもっと若い人だと思う。ハリザッコさんが秋田県在住の人だとは知っているが、ついにどんなお仕事をされている方なのかは知らずじまいだった。

ハリザッコさん去年の4月から長い間お付き合いくださいまして本当にありがとうございました。ハリザッコさんの今のブログは無くなってしまうのでしょうか。本当に淋しい気がします。時々は誰かのブログや掲示板にぶらりと遊びに来てくださいね。どこかでまたお会いできることを心から楽しみにしています。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-13 19:54
2006年 02月 09日

喫煙は病気か

喫煙は病気と定義すると、治療しなければならないことになる。病気の治療は医者にしか出来ない。病気なら治療には健康保険を適用することになる。

週刊新潮によると、これは病人を増やすために医者と病院が厚生労働省に働きかけた結果だという。

喫煙者という病人が急激に増えて、しかも保険で治療するので医者や病院は大もうけというわけである。

でも病気だと言うなら治療法は確立しているのだろうか。ニコチンパッチは今でも医者の処方で出しているが、これで確実に治療できる保障があるのだろうか。

治療をして非喫煙者になっても、また病気が再発して喫煙者になる人もいるので、病人はそんなには減らないかもしれない。その度に保険で治療するのだろうか。

また、病気の治療は医者しか出来ないことになっているので、アレン・カー東京の禁煙セラピーは犯罪行為になってしまうのだろうか。

喫煙者のなかには、俺は好きでタバコを吸っているので、病気なんかでは無い、だから病院には行かない、と言う人もいるだろう。いや、あなたは病気だから病院に行ってください、と夫婦喧嘩になる人もいるだろう。

保険でタバコを吸わない人が増えるなら保険適用も大賛成だが、でも私の禁煙の経験から言うと、医者に頼るだけでは禁煙出来ないような気がする。

禁煙は自分の生活習慣を変えることだから、最後は自分の決意と自覚でしか成功しないと思う。

でも、喫煙という病人を作るタバコの自販機を野放しにしておいて、その病人を保険で治療するというのは、どう考えてもおかしい、という議論が出てこないのは、なぜだろう。やる順序が逆なのにね。

[PR]

by howsoonjp | 2006-02-09 18:48