楽しむ禁煙:心も体も自由へ羽ばたこう!

howsoon.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 27日

成人識別機能付き自動販売機

e0002476_19301333.jpgJTは未成年者喫煙防止のために、成人識別機能付き自動販売機を2008年から導入することを公表している。

これはICチップを搭載した非接触型カード(タバコカード)を成人にのみ発行し、そのカードを自動販売機の読み取り部にかざすことによりタバコ購入が可能となる方式である。

昭和40年から平成10年の統計で、20歳以上男子の喫煙率は82,3%から52,2%に、20歳以上男女の喫煙率は49%から34,3%にそれぞれ減少している。ところがこの期間のタバコの販売本数は、1.93倍と約2倍に増えている。

この数字は未成年である20歳以下の喫煙者が大幅に増加したことが理由の一つと考えられている。

未成年者が忌まわしきタバコの餌食になって、喫煙者の奈落へと落ちてしまう最大の原因が、町中にありふれている自動販売機であることは間違いないことだし、それをJTも知っているから自販機に成人識別機能を付加しようとしている訳である。

しかしこれで未成年者がタバコを買うことを防げるだろうか。答えは明確に「ノー」だろう。なぜならNTTのテレフォンカードにしても銀行のキャッシュカードにしても、ありとあらゆるカードのセキュリティーは破られている。タバコカードも瞬くうちに偽物が出来て、インターネットで販売されて少年たちが手に入れることになるだろう。

未成年者の喫煙者をこれ以上増やさないためには、タバコの自動販売機の撤廃がもっとも有e0002476_19303832.jpg効だし、しかもこれ以外の方法は無いとも言える。

タバコの自動販売機を撤去せよ、との声が医者や病院や学校・教育関係者から挙がらないのはまことに不思議である。

JTのホームページの中に、「成人識別機能付き自動販売機について」の資料があったが、その資料を発表しているのは、・社団法人日本たばこ協会、・全国たばこ販売協同組合連合会、・日本自動販売機工業会、の3団体である。

タバコは単にJTの問題だけでなく、タバコでにまとわりついて利益をあげている様々な業界や団体がたくさんあることがわかるし、それに政治家や政治献金が絡んでいることだろう。(最近では健康増進法で分煙化が義務付けられたため、空気洗浄器業界が大忙しである。)

日本の少年たちの健康や将来の健全性よりも、当面の利益を守りたい大勢の大人たちがいることは、嘆かわしいことである。

[PR]

by howsoonjp | 2005-12-27 19:30
2005年 12月 27日

謹賀禁煙

e0002476_14523376.jpg来年のお正月は「謹賀禁煙」となりそうだ。今年の4月23日に禁煙を開始したので、元旦で253日目となる。

初めて迎えるタバコの無いお正月だ。なんだかワクワクしてうれしい気がする。

タバコを止めてよかったことはいっぱいある。
①息が切れなくなったこと。②痰が出なくなったこと。③肌がきれいになったこと。④口臭がしなくなったこと。⑤部屋も車も汚さなくなったこと。⑥タバコの値上げを気にしなくて良くなったこと。

など、いいことはいっぱいあるが、特に良かったと感じることは毎日の生活でタバコのことを考えなくてもよくなったこと、だと思う。

喫煙者のときは朝起きてから夜寝るまで、いつも次に吸うタバコのことばかり考えていた。仕事を始める前にまず1本、一段落したらまた1本、一段落しなくても手を休めてまた1本。車に乗って発車したら、すぐ1本、信号待ちでまた1本。事務所についたらまず1本、商談のテーブルに着いたらまた1本。

そう言えば以前いた商社では、事務所には接客用のテーブルがいくつもあり、タバコはそこでe0002476_14545668.gif吸いたい放題だったんだけど、健康増進法で分煙が義務付けられたら、タバコはどうしてるんだろう。喫煙室で商談してるんだろうか。

とにかくニコチン大魔王の支配下から開放されたことが一番うれしい。喫煙者の時はタバコに支配されて自由な行動ができなかったんだなあとつくづく思う。

来年の4月23日はいよいよ禁煙一周年だ。ふとした弾みや気の緩みで、1本吸ってしまうことが無いように、これからも気持ちを引き締めて禁煙を続けて行こうと思う。

[PR]

by howsoonjp | 2005-12-27 14:55
2005年 12月 25日

室内禁煙法

e0002476_19544871.gif大橋巨泉氏の週刊現代の記事によると、ニュージーランドで室内禁煙法が施行されて一年になるそうです。この法律は学校や病院はもちろん、飲み屋であれ、カジノであれ、職場であれ、とにかく屋内の公共の場所はすべて禁煙とするものらしいです。

だから喫煙者は屋外か、自分の家か、自分の車の中でしかタバコを吸えないことになります。

日本でこのような法案が提出されると、たくさんの業者や団体が猛反対して法案をつぶしてしまうことでしょう。実際にニュージーランドでも客数が減少するとのことで反対もあったようです。

しかし実際には客数は思ったほど減らず、むしろ客数が増えた業種や店舗もあるようです。なぜかというと、今までは煙が立ち込めていた店に行くのを敬遠していた非喫煙者が、店に来るようになったこと。もうひとつは実際にタバコをやめる人が増えて、客数の減少にはつながらなかったということです。

e0002476_201243.gifこのほかにも、タバコの煙が無くなって、環境が良くなったので従業員を採用しやすくなったこと、またタバコの煙でカーテンや家具類を定期的に取り替える必要が無くなったので、店内の什器備品類に高級品を採用するところが増えたことなどが報告されているそうです。

日本では客数が減少するのを心配して、全面禁煙に踏み切れないレストランがたくさんありますが、思い切って室内禁煙法を作ってしまえば、人々はそれに合わせて行動すると言うことをニュージーランドの例は示していると思います。

タバコはもともと必要の無いものなので、法律が出来れば禁煙に踏み切る人が多数出てくると思います。チャンスさえあれば何とかして禁煙したいという、禁煙願望の喫煙者は6割以上いるという調査結果もあるようですし。早く日本でも室内禁煙法が成立して欲しいと思います。
[PR]

by howsoonjp | 2005-12-25 12:06
2005年 12月 20日

1本で成る喫煙者。

久しぶりに門下生名簿を覗いたら禁煙240日を通過していた。もう今は吸いたいと思うことはなく、ただ自然に吸わない日が過ぎて行く感じだ。

3ヶ月から4ヶ月目位には、一本吸ってみたい欲求がしばしば襲ってきた。もう3ヶ月経ったんだから1本吸っても大丈夫だろう。タバコってどんな味だったっけ。一本吸って味を思い出したい。一本吸っても禁煙を継続出来ることを確認してみたい。

このような思いがしばしば頭の中をよぎった。もうニコチンは脳の中には全く無いはずなのに、脳細胞の記憶がニコチンの刺激を求めているのだろうか。喫煙者に戻りたいような願望が顔を出すのである。

禁煙を継続して、何ヶ月経っても、何年経っても、たった1本のタバコで喫煙者に戻ってしまったという話はいろんなところで聞いていたので、結局は吸わなかった。ニコチンの奴隷に戻るのがいやで、吸わなかった。

生まれて初めてタバコを吸うときでも、長い禁煙の後でタバコを吸うときでも、一本で喫煙者になってしまうのは、多分同じ状態ではないかと思う。

生まれて初めて吸うタバコは美味しくないし、長い禁煙のあとで吸うタバコも美味いものではない。しかし味に関係なく、1本吸ったタバコのニコチンは脳にへばり付いて、次のニコチンを要求するようになる。

高校生が1本吸っても、ニコチン依存症になったとは思っていない。でも次の喫煙のチャンスを自分で無意識のうちに作ってしまう。そして一週間後か一ヶ月後にタバコを吸ってしまう。タバコを吸う間隔はだんだんと短くなって、知らないうちに立派なニコチン依存症になって、喫煙者の仲間入りである。

禁煙後の1本も同じだ。1本吸っても喫煙者に戻らないと言う自信を最初は維持できるかもしれない。でも1本で脳はニコチンの刺激を求めるようになっており、喫煙者に戻らない自信があればある程、次の1本に手を出してしまうのである。一日に1箱の喫煙者に戻るのに一週間もかからなかったという話は、たくさんの人が書いている。

タバコの一番怖いところ、それは「この1本だけで終わり、という特別な1本は絶対にありえない。」ということだと思う。この1本だけという気の緩みが、次々と連鎖する無限連鎖の喫煙につながってしまう怖さを忘れないようにしたいと思う。

「ダメ人間の禁煙日記」でtomoさんが言っている。「タバコを我慢せずにいられる状態になったとしても、たった1本でいつでも元の喫煙者に戻れてしまうということです。」
[PR]

by howsoonjp | 2005-12-20 18:53
2005年 12月 20日

タバコのやめ方 あいうえお

タバコのやめ方 あいうえお

かるくやめよう
 「タバコをやめるのって難行苦行だ」と思っていませんか?そこが大きな間違いです。タバコを吸わないで暮らす、という新たな技術をマスターすると考えれば、禁煙も一種のスポーツなのです。

っきにやめよう
 減らしてやめようとか、軽いタバコにしてみようとか思っていませんか?一見無理がないようですが、これではうまくいきません。「えい!」というふんぎり、いきおいが大切なのです。

ごいてやめよう
 手持ちぶさたでついつい、ということはありませんか?これが習慣。クセになっているのです。からだを動かし、お茶や水を飲んで口を動かし、おいしい空気を吸って気分転換。という風に、新しい生活パターンを作りましょう。

んを結んでやめよう
 禁煙のホームページや掲示板、禁煙外来や禁煙コンテスト、インターネット禁煙マラソン、禁煙関連の本や禁煙した方の話など、いろいろまわりにあるものを利用しましょう。
 ニコチンガムやニコチンパッチを使えば、楽にやめることができます。近くの薬局やかかりつけの医師に相談しましょう。

きあがりこぼしでやめよう
 卒煙はスポーツです。特殊な技術は必要でなく、誰でもできるスポーツと同じです。どんな簡単なスポーツでも最初の1回でうまくいく人はまれです。
 一般に1回で卒煙できるのは10人に1人。平均3~4回は失敗します。失敗は成功のもと。七転び八起きで行きましょう。

では、みなさん健闘を祈ります。

(京都禁煙推進研究会編『卒煙ハンドブック』 繁田正子より
[PR]

by howsoonjp | 2005-12-20 16:07
2005年 12月 15日

タバコが児童手当に?

2006年度税制改正で、児童手当拡充の財源を確保するため、タバコ税率を1本につき1円引き上げることが決まったようである。

だが、これはよく考えるとおかしな事ではないだろうか。家庭や路上で少なからず子供たちに害を与えているタバコの税収を、児童手当に充当するということに、抵抗感を感じる人も多いのではないだろうか。

JTはCMで、「あなたの喫煙が児童手当の支給に役立っています。もっとタバコを吸いましょう。」と言い出すかもしれない。そこまで露骨でなくても、広告の片隅に、「タバコは子供の役に立っています。」ぐらいのことは書きかねない。

喫煙の言い訳に使う人もいるかもしれない。
「あなた、またタバコの値上げよ。そろそろ本気で禁煙したら?」
「なに言ってんだよ。俺のタバコが子供を助けてるんだよ。」

肺癌だけでなく体のあらゆる器官にタバコが有害であるということが明らかになっているのに、その売り上げと児童手当が結びつくという今回の税制はすっきりとは受け入れ難い。

児童手当をもらって喜んでいたら、喫煙する父親が肺癌で入院して、手当てどころではない金がかかってしまった。などどいう笑えない話が実際に起こりうる。

もはや時代の流れは、「タバコの税収は喫煙撲滅のキャンペーンにこそ使われるべきである。」という方向に向いているのではないだろうか。
[PR]

by howsoonjp | 2005-12-15 16:39
2005年 12月 14日

たばこの値上げは、禁煙に挑戦するチャンス!

政府・与党は14日、2006年度税制改正で、児童手当拡充の財源を確保するため、たばこ税率を引き上げる方向で最終調整に入ったということである。

児童手当の支給対象を小学校6年生まで引き上げると、約2200億円(うち国庫負担は700億円)の新たな財源が必要なのだそうだ。

たばこ一本当たり1円の値上げで、2500億円の増収になるそうで、ということは1年間に2500億本のタバコが消費されていることになる。

1本で1円の値上げなら、マイルドセブンは1箱290円になる。この値段は欧米に比べてまだかなり安い価格だし、これでは値上げしても禁煙の動機付けになると思う人は少ないかも知れない。いっそのこと1箱500円にすれば、かなりの人が禁煙に挑戦することだろうし、1箱千円なら、たいていの人が本気で禁煙を考えるだろう。

でも今回の値上げは喫煙人口を減らすためのものではなくて、増税のための値上げなので、値上げして喫煙人口が極端に減少して、税収が今より落ち込んだら政府としては困るので、多分たばこ1本当たり1.5円の値上げで、マイルドセブン1箱300円ぐらいになるのかな。

つまり日本政府は国民の健康を犠牲にして、税金の増収を考えているということである。

自分の健康は自分で考えよう! たばこの値上げは、たとえそれが小幅であっても、禁煙を考える絶好のチャンスなので、多くの人が「いったい何のためにタバコをすっているんだろう?」と自分の喫煙にぜひ疑問を投げかけて、禁煙に挑戦して欲しいものだ。
[PR]

by howsoonjp | 2005-12-14 15:43
2005年 12月 09日

喫煙者

ショッピングモールの入り口に喫煙所があって長いすと灰皿が置いてある。たいてい
何人かの人がタバコを吸っている。最近は女性の方が多いような気がする。それも
若い女性がタバコを吸っているのをよく見かける。ああ、まだ吸っている人が
いるんだなあと思いながら喫煙者を見る。

タバコを吸っている人を見ても、今は吸いたいとは思わない。でもタバコを吸っている人が
いれば、つい見てしまう。ただ見ると言うより、むしろ観察してしまう。人はなぜタバコを
吸うのだろうか、自分はなぜタバコを吸っていたんだろうか、と考えてながら観察する。

煙を吸い込んで、プハーっと吐き出す。ただそれだけの事だ。それだけの単純なことを
際限なく繰り返す。これは人間の行為として、あり得る行為だろうか。
何の意味がある行為だろうか。栄養が付く? からだを鍛える? 思考力が付く?
そのどれでも無い行為だ。ただ意味の無い行為を繰り返す。

人間だからあり得る行為なんだろうか、動物なら意味のない行為は絶対にしないだろう。

喫煙は無限に連鎖する鎖のようだ。今吸っている一本が、次のタバコを要求する。
そして次に吸う一本が、また次のタバコを要求する。無限連鎖の煙の吸引だ。

喫煙の本質はなんだろうか。それはニコチンがもたらす錯覚と誤解である。
でも喫煙者は自分が「錯覚と誤解」でタバコを吸っているとは思わないし認めない。
タバコを吸いたい欲求はニコチンが切れるときに脳細胞に欲求信号を出すので、
喫煙者はまたタバコに手を出すのだが、喫煙者はニコチンのせいでタバコに
手を出すのではなく、自分が吸いたいと思ったからタバコに手を出すと思い込んでいる。

ニコチンに支配されてタバコを吸っているとは喫煙者は思わないし認めたくない。
しかし一人の大人がニコチンの毒に毒されてタバコを吸っている姿は、よく考えてみれば
人間として哀れな姿であり、本当は公衆の面前でタバコを吸うなどという行為は
恥ずべき行為なのではないだろうか。

こんなことを言うと怒る人もいるだろう。喫煙は個人の自由だし、国が認めている
行為である。タバコを吸っている姿が哀れな姿だなどと言われる筋合いは全くない、
と言うだろう。

でも今から何年か後か、何十年か後には「タバコを吸う、などという行為は、文明人が
することではない。」というのが人類の共通認識となるのは間違いないだろう。
[PR]

by howsoonjp | 2005-12-09 19:16
2005年 12月 05日

祝:いなやんさん、禁煙180日達成

e0002476_1364545.jpg

いなやんさん、いよいよ禁煙180日を達成されましたね。心よりお祝い申し上げます。

いなやんさんは、ポンバケのデータベースを作るなど、禁煙継続の動機付けを、たくさんの人々に与えてくれています。私もポンバケに負けそうになったときはいなやんさんの記事を見て禁煙継続の気持ちをを新たにしている一人です。ありがとうございます。

これからもずっとタバコの無い生活を積み重ねていきましょうね。

[PR]

by howsoonjp | 2005-12-05 13:18
2005年 12月 03日

師走・・・お正月

今年も早、12月だ。最近は年毎に”年の瀬”という感じは薄れているような気がするが、
それでも大晦日が近づくと、やり残したことがあるようで、何となく落ち着かなくなるから
毎年のことながら、不思議だ。

今年の4月23日に禁煙を始めたから、今年の年の瀬から、新年、お正月は、
禁煙者として初めて経験する時期だ。久しぶりに会う友人とか親戚の人たちもいて、
会食、飲酒が付き物の時期である。もう一度気持ちを引き締めて過ごさないと
いけない。ちょっと気が緩んで、「まあ、一本だけならいいか。」は絶対にしない事を
肝に銘じよう。

でも、最近は喫煙は体にも環境にも悪いことだという認識がかなり広まって来ているし、
喫煙者の大部分の人も出来ればタバコを止めたいと思っているようなので、
禁煙しました、と言う人に、「まあまあ一本ぐらい大丈夫だからどうぞ。」とタバコを
勧める人は、まずいない。それどころかかえって、「ほう、そうですか、よく禁煙
出来ましたね、私も禁煙したいと思っているのですが、なかなか踏ん切りがつかなくて。
ぜひ禁煙成功の秘訣を教えてください。」と、こんな話の展開になることの方が多い。

禁煙していると、別に禁煙を自慢したいわけではないが、禁煙談義が楽しくなる。
禁煙しています、と話すと、「私も禁煙にチャレンジしましたが、何度も失敗しました。」
とか、「2年間禁煙したのに、また最近吸い出してしまいました。」とか、「私は今、
禁煙8ヶ月目です。ここまで続いているのは生まれて初めてです。」などどいう話に
花が咲くようになった。

禁煙の動機と、禁煙継続の方法や考え方は人それぞれのようだが、いろいろな人の
禁煙の考え方を聞いて、それを自分なりの禁煙継続のヒントや参考にするのも
年末から新年にかけて、久しぶりに会う人たちとの楽しい会話になるかも知れない。
[PR]

by howsoonjp | 2005-12-03 13:51