楽しむ禁煙:心も体も自由へ羽ばたこう!

howsoon.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 23日

よーく考えよう。

人は誰でも自分が損をするようなことはしないし、手を出さない。これは常識である。

でも、タバコを吸っている人は自分が何をしているのか、よーく考えたことがあるのだろうか。

お金を出して毎日タバコを買う。封を切って、タバコを取り出して、火を点けて吸う。一日20本吸う人は、起きている時間が16時間だとして、48分に1本のタバコを吸い続けていることになる。一日40本吸う人は、24分に1本のタバコを吸っている。毎日毎日、一日の休みもなく、しかも10年間も20年間も継続して吸いつづける。

継続は力なり、これはある目標を達成するためには継続して行動することが、成功への道であるという意味だ。では、タバコを継続して吸いつづける目標は何ですか?と聞かれたときに喫煙者は何と答えるだろうか。

食事を毎日繰り返し食べるのは、体力維持のために必要だからという、明確な目標・意味がある。
ではタバコには何の意味があるの?

喫煙者はこう答えるだろう。
タバコが美味いから。
タバコを吸うことが習慣になっているから。

でも、金を払ってまでも味わいたい美味さなのか、金を払ってまでも続けたい習慣なのか、考えないのだろうか。
これを言うとたいていの喫煙者は、それはわかっている、本当に美味いとは思っていない、できればこんな習慣は止めたい、でもやめられないと言う。

何の利益も得もないばかりか、体に害を与えるタバコを吸い続けていることが、本当にいいことなのかどうか、喫煙者はもう一度立ち止まって、よーく考えるべきだと思う。

でも、ニコチンって本当に怖いね。タバコを吸い続けさせる為に、喫煙者の思考を停止させるのだから。
[PR]

by howsoonjp | 2005-09-23 17:33
2005年 09月 19日

■ 日本のタバコ対策の問題点

    日本ではタバコ自動販売機が街にあふれています。このような国は、少なくとも

   先進国では日本しかありません。自動販売機の普及数は1995年で、約50万台、

   売上金額は約1兆5千億円(たばこ総販売金額の約40%)です。

    そして、中学高校生の現在喫煙者の約7割が、自動販売機でタバコを買ってい

   ます。未成年者喫煙禁止法で、タバコ販売者に、販売する際に客の年齢確認を

   することを義務付けました(2001年12月)が、相変わらず未成年者が自動販売機

   でタバコを購入しています。自動販売機については、深夜時間帯(23時から5時)

   の販売自主規制があるものの、ほとんど役にたっていません。このような自動販

   売機を野放しにしていては、未成年者喫煙禁止法は、「ざる法」だといわざるを得

   ません。

    また、雑誌や列車の中吊り広告、ビルの巨大看板など、街のいたる所にタバコ

   広告があります。先進国では、タバコ広告を全面禁止する国が増えています。そ

   のような国に行くと、初めて日本の「異常さ」が分かります。

    タバコの値段は、先進国の中では最低ランクで、 欧米諸国の半額くらいにしか

   なりません。WHOが、タバコの低価格に関して日本を名指しで非難し、タバコ消

   費を減らすためにタバコの増税をすべきだと勧告しているほどです。

    タバコの警告表示も、外国では、具体的にタバコによって起こる病気の名前を

   示すなど、害について強い警告をしています。また、カナダに始まった写真入りの

   警告表示が、他の国々に広がっています。これに対し、日本の警告表示は、警告

   になっていないと、海外の反たばこ団体から0点の評価を付けられています。

    最後に、学校や医療機関の禁煙は、先進国では以前から「常識」となっています

   が、日本では、やっと進み始めたところです。

    受動喫煙の防止について定めた健康増進法が施行された(2002年5月)ので、

   学校、医療機関を始めとする公共の場所の禁煙など、上記の問題を解決するよ

   うな対策が積極的に取られることを期待します。

「タバコのない学校」推進プロジェクトより
[PR]

by howsoonjp | 2005-09-19 15:41
2005年 09月 14日

怖い、吸いたい

たばこを吸う女性は吸わない女性に比べ、5歳以上も肌が“老化”していることが
ポーラ化粧品の調査で明らかになったと、今日の毎日新聞が伝えている。

肺機能が低下して、酸素の取り込みに障害を起こす「慢性閉塞性肺疾患」と呼ばれる
恐ろしい病気の最大の原因は喫煙によるものだと、ガボさんのブログが伝えている。

喫煙は血管と血流に悪影響を及ぼすので、ほとんど全身の臓器に障害を
引き起こすことが、最近の調査でますます明らかにされている。

精神面での最大の障害であるニコチン依存症と、全身への悪影響を考えると、
タバコは麻薬に指定すべき毒薬であると、多くの医者が提言している。

禁煙を続けるために、いろいろ調べたり、いろんな人がブログに書いてくれるので、
タバコの害について、ずいぶん詳しく知るようになった。
だから、タバコは今からも吸うつもりは全然ないし、禁煙はずっと継続できると
確信している。

でも、時どき吸いたくなるのも事実である。ポンバケさん、いらっしゃい、である。
だから自分では、今タバコを吸ったらどうなるのか、どんな結果が待ち受けて
いるのかを自分のブログ上でいろいろシュミレーションしてみる。
吸いたい、吸いたいと言いながら。だから、いなやんさんに、僕は禁煙失敗願望が
あるんじゃないかと言われてしまう。
はっきり言って、吸いたい願望はあるが、失敗願望はありません。

タバコのことを知れば知るほど、体内には絶対に取り込めない麻薬だと分かってくる。
いなやんさん、心配してくれてありがとう。でも絶対に吸わないから安心してください。
でも、面白がって、時どき際どい危険な素振りをするかもしれないけど、
その時は適当に笑ってやってくださいね。
[PR]

by howsoonjp | 2005-09-14 21:06
2005年 09月 12日

禁煙失敗願望

いなやんさんに、
>今ここさん、無意識に禁煙失敗願望が潜んでるかも。。。
と言われてしまった。失敗願望というより、1本吸って、そのまま禁煙に戻れるかどうか
試してみたい気持ちはいつもある。多分1本吸っても大丈夫じゃないか、と思う。
まぁ、簡単に言うと、情けない話だが、いまだに1本吸ってみたいのである。

でもよーく考えれば、この試みは非常に危険であることがすぐ分かる。
1本吸って、禁煙に戻れないで、ズルズル吸ってしまった場合、これは論外で
完全に禁煙失敗である。

ここでは1本吸って、そのまま禁煙に戻れた場合を考えてみよう。
1本吸って、その後は3日間吸わないでいられる。あ、大丈夫だ。1本吸っても
すぐ禁煙に戻れるんだ。じゃ、もう1本吸っても大丈夫だ。吸ってみよう。
次は2日吸わないで、やっぱり大丈夫だから、また1本。
次は1日吸わないで、一日禁煙出来たから大丈夫だ。また1本。
次は朝1本吸っただけで、昼からは1本も吸わなかったし。
次の日は朝吸って、昼も吸って・・・・・・・・・
前は一日に2箱も吸ってたし、20本なら前の半分だし、それくらいならまあいいか。

と、なし崩しに禁煙が崩れていくのは目に見えている。
実はこの思考方法は、タバコの吸い始めの過程と良く似ている。
高校のころ、友達にすすめられて、一本ぐらいなら大丈夫。
だんだん本数が増えても、たまにしか吸わないからいつでも元に戻れる。
そのうち自分でタバコを買って、一箱が10日も持つから大丈夫。
じわじわと本数が増えていって、ニコチンの罠に嵌まってしまって、元に戻れない。

この一本だけ、これは特別な1本だから、これだけ吸ったらもう吸わない、はあり得ない。
タバコに特別な一本だけというのはありません。
この1本には一万本がつながっているのです。

[PR]

by howsoonjp | 2005-09-12 14:50
2005年 09月 08日

シケモク

「ゆめたうん」というショッピングモールの立体駐車場に車を止めた。平日の昼間だから
がら空きだ。車のドアを開けて外に出ようとした。床にタバコの吸殻が捨ててあった。
4,5本。しかも吸い残しの部分がかなり長い。しばらく眺めていた。
うーん、1本拾って吸ってみようかな。

ポンバケ(いなやん氏命名:1本お化け)が出てもタバコは買わない。買うと一本だけでは
収まらないのは分かりきってるし、20本吸うと完全に喫煙者に戻りそうだし、だから買わない。
でも目の前にシケモクがある。吸い残し部分が半分以上もある。一本だけ拾って
吸ってみようかな。

ここで、ハリザッコさんがシケモクを吸って喫煙者に戻ってしまったという話を思い出した。
【ハリザッコさんのブログ: 2005-05-04 1本お化けに負けたときの話です。】
以前助手席に乗せた人のタバコの吸殻が、車の灰皿にありました。
ある朝、「どんな味だったんだろう、うーん、ちょっと火をつけてみよう」とその吸殻に
火をつけて吸ってしまったそうです。その日はそれで終わったものの、
ずるずると本数が増えて、1日20本の喫煙者に戻るのに1週間もかからなかった
そうです。しかも、これはハリザッコさんが禁煙を始めてから6ヶ月も経ってからの
出来事なんです。

この話を僕は鮮明に覚えていたので、とうとう駐車場に落ちていた吸殻は吸いません
でした。吸殻をタイヤで踏みつぶして、吸殻が落ちていない別の場所に車を
止めなおして、買い物に出かけました。このショッピングモールには本屋があるので、
「禁煙セラピー」を立ち読みしました。
[PR]

by howsoonjp | 2005-09-08 15:50
2005年 09月 02日

忘れたい

タバコのことは早く忘れたい、ずっと忘れたままでいたい、思い出したくない。
でも思い出す。一日に何回かは思い出す。

思い出すから、禁煙掲示板を見て回ったりする。みんなどうやって禁煙してるのかな、
とか、新しく禁煙をはじめた人は、最初は苦労してるんだろうな、などど考えたりして。

レストランでタバコを吸っている人を見ても思い出す。ああ、僕もあんなふうにして
吸っていたな、と。でも、吸いたいとか、自販機がすぐそこにあってもタバコを買いたい
とは思わない。

もうタバコは吸わないことにしているし、ニコチンは麻薬で毒薬だと思ってるし、
吸いたくなったら、ニコチン=麻薬 を思い出すと、吸いたい気持ちが消える。

タバコを吸いたいと思った時は、タバコは美味かったなあ、と思っている時だ。
その時は、本当にタバコは美味かったかなあと自問してみる。
意外なことに、タバコはイガイガして、吸う度に、もう吸いたくないと思ってたなあ、
と美味くなかった思い出も頭の中に残っている。

コンビニに入る時におじさんが、ジュッと水の音を立てて、入口の灰皿にタバコを
捨てて行く。あっ、あのおじさんは今13.5円使ったんだ、と思う。
(セブンスター270円/20本=13.5円)
一日50本ぐらい吸ってたから、一日に50回もタバコのことを思い出して、
当たり前のように吸って、そのたびに13.5円浪費。13.5x50=675円。
ランチが一食食べれる金額。

何の役に立たないばかりか、何もかも汚して体にも害を与えるタバコを、一日に
50回も思い出すなんて、本当に今考えるとバカバカしい。どんなに好きな人のことでも
一日に50回思い出すなんてあり得ないことなのに。

さすがに今は思い出しても一日に数回。思い出しても吸わないんだから、もういいかげん
脳味噌も思い出すのを諦めてくれればいいのに、やっぱり思い出す。

本当に早く忘れたいけど、これって意外といつまでもシツコク思い出すのかも知れないね。
タバコを吸ってた前科があるから、これは無期懲役なのかも知れない。
いやだなぁ、でも自分のしたことだから受け止めないとね。

でも、若い人には、タバコの害を示して、タバコは絶対吸ったらダメだよと言い続けたい。
[PR]

by howsoonjp | 2005-09-02 18:03
2005年 09月 02日

タバコが精神に及ぼす影響

喫煙によって生じる最大の健康障害は、精神をニコチンに支配されてしまうニコチン依存症です。ニコチンには麻薬と同等の依存性があり、アルコールよりはるかに大きな健康破壊能力があります。タバコは嗜好〈しこう〉品ではなく依存性薬物で、本来麻薬や覚せい剤と同様に、法律で使用と製造を制限されるべき製品ですが、タバコ会社が巨大な資金力で国家行政とマスメディアを操〈あやつ〉っているためになかなか規制が進みません。

 ニコチンは脳の神経のシナプスにおいて神経伝達物質に成り代わり、神経回路を誤動作させて薬理作用を発揮します。ニコチン依存症におちいると、シナプスが過剰反応に慣れて機能低下を起こします。ニコチンなしでは神経回路が正常に機能しなくなり、不快な離脱症状が起こりますが、ニコチンが離脱症状を解消するからといって、これをニコチンの効用とは呼べません。ニコチンのない状態がしばらく続けば、シナプスの機能は正常化します。

 喫煙者は「喫煙がストレスを解消する」「集中力を高める」と感じますが、ストレスの多くはむしろ喫煙習慣によって生じていたり、ニコチンの離脱症状によって増幅されていたりするストレスです。喫煙しているうちは「タバコなしでは生きられない」と思いこみますが、これはニコチン依存症によって起こる錯覚で、禁煙に成功したあとはストレスが減り、ニコチンなしでも集中力が持続します。記憶力や反応速度も上昇し、脳の本来の力を発揮できるようになります。

 ニコチン依存症におちいると、タバコのことに関してだけ正常な思考ができなくなります。価値観にゆがみが生じて、タバコが何ものにも変えがたい大事なものに思えてきます。根拠なく受動喫煙の害を否定して、自分の喫煙を正当化しようとする人もいます。喫煙から脱する第一歩は、「喫煙は考え方をねじまげてしまうニコチン依存症という病気である」と自覚することにあります。

 低年齢から開始した喫煙は重度のニコチン依存症を引き起こします。未成年喫煙を防止しなければならない最大の理由がここにありますが、同時に、タバコ業界が自販機撤廃や年齢確認徹底を行おうとしない理由もここにあります。今のところ、このもくろみは成功しており、未成年喫煙は激増しています。日本のタバコ消費の6分の1は未成年によるものです。

 ニコチンには不眠症を起こす作用があり、喫煙者では寝つきが悪く、悪夢を見やすい傾向があります。

 喫煙はパニック障害とパニック発作の発生リスクを数倍に上昇させ、治療に使われる薬物(SSRI)の効果を弱めます。パニック障害と類縁の病気である広場恐怖症、社会恐怖症、特定恐怖症、特定不能の恐怖症、外傷後ストレス障害においても、喫煙との関連が示唆〈しさ〉されています。

【タバコ病辞典より引用】
[PR]

by howsoonjp | 2005-09-02 16:00