楽しむ禁煙:心も体も自由へ羽ばたこう!

howsoon.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 30日

「煙草から解放されて~禁煙体験記~」

(和歌山県)小学校勤務 四十八歳 喫煙歴二十六年

 「学校敷地内禁煙化」という話が出た平成十三年の秋、「読み終わるまで禁煙は
しないでください」(だったか?)という本を面白半分で購入し、煙草を吸いながら
気楽に読み、読み終わると同時に禁煙を開始した。煙草が吸いたくなると水を飲んだり
ガムをかんだりしていたが、禁煙してすぐに、体調がおかしくなった。妻からも、
「顔色悪いんちゃう。」などと言われた。体調だけでなく、精神面でもストレスを感じては
いたが、なんとか我慢していた。しかし、本人の自覚以上に家庭ではイラついて
いたようで、禁煙開始から十日を過ぎたある日、帰宅すると、なんと机の上に煙草が
一箱置いてある。優しい(?)妻が、禁煙で苦しむ夫を見かねて買ってきたらしい。
それに加えて、「もう、吸いなよー。」のダメ押しの一言で、平成十三年の禁煙は
あっけなく終了した。不思議なもので、体調はすぐに回復した。
 平成十四年の二月頃、県教育委員会主催の禁煙講習会に参加し、禁煙のための
ニコチンガムやパッチの存在と効用を知った。
 春休みに入り、「学校敷地内禁煙」実施が近づいた。周囲からは、
「先生、どうすんの?」と聞かれたりしていたが、自分では、「四月からは禁煙!」と
決めていた。一日四十本~六十本という自称ヘビースモーカーであった私は、
「家では喫煙、学校では禁煙」などという器用なことは到底できないと思ったからだ。
 三月三十一日の夜、最後の一本を丁寧に吸い終えた後、禁煙開始。と同時に
ニコチンガムを口にした。ニコチンガムの威力は思った以上で、煙草をくわえて
火をつける楽しみはないものの、体の中にニコチンが入っていくのが自分でも
わかるような代物で、前回の禁煙時とは異なりニコチンの禁断症状(?)のイライラが
随分とやわらいだ。
 最初の一ヶ月余りで数万円をニコチンガム代に使った後、次第にガムの個数を
減らすように努めた。それなりに我慢もしたが、三ヶ月位でなんとかニコチンガムを
卒業することができた。その後は、口がさびしくなると、歯医者さんも薦める
キシリトールガムをかむようにしている。
 さて、禁煙の結果、
① 煙草から解放された。どこへ行くにも、「煙草は持ったか」「火は持ったか」、
「灰皿はあるか」を気にしていたが、そんな心配から完全に解放された。
② 煙害を出さずにすむようになった。それまでも、一応「周囲の人に悪いな」と
思いながら吸ってはいたが、家庭や職場等で煙草の嫌な臭いと煙を出さずに
すむようになったことは、大きな前進である。
③ 学校では、煙草を吸うために一々職員室に戻るという必要がなくなった。
教室で、落ち着いて仕事をしたり休息したりできる。
④ 健康によい。煙やニコチンやタールを体内に入れなくなったわけだから、
いいに決まっている。
⑤ お金がたまる(?)。毎月二万円前後を煙にしていたが、それがなくなった。
⑥ 二十数年来のニコチン中毒から脱出できた(しつつある)ことは自分でも
驚きであり、新しい自分の一面を見たような気がする。
 禁煙してもうすぐ二年になろうとしており、自分では一応、禁煙に成功したと
考えている。ただし今回の禁煙のきっかけが「学校敷地内禁煙」であり、
主体的なものでなかったためか、「また吸い始める」スイッチは今も心の中に
ちゃんとある。初めの頃は「あーあ、吸ってしもた。」という夢を何度もみた。
今も禁煙が続いているのは「意地」でしかないのかも知れない。
 しかし、今回の禁煙が自分や家族、周囲の人々にとってプラスになっていることは
間違いない。また、航空機や電車、公共施設等、世の中では急速に禁煙化が進行
している。そんな中で、煙草に捕らわれない生活ができるようになったことは、
少しオーバーな言い方をすれば、社会の変化に対応した自己変革であるとも思う。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-30 17:46
2005年 07月 29日

禁煙最初の一週間

禁煙を始めてもう90日を過ぎましたが、禁煙を開始したのが4月の23日で、
その日に「ダメ日記」の禁煙掲示板にスレッドlを立てて、禁煙開始を告げました。
それから一週間、同じスレッドに自己レスを毎日書き込んで、頑張りました。
3日目にハリザッコさんが、励ましのレスを入れてくれました。皆さんに助けられて
最初の一週間を乗り越えました。
このスレッドが禁煙掲示板に残っていたので、自分でも懐かしいし、よく頑張ったなと
いう気持ちにもなるので、ここに再掲示してみます。興味のある方は読んで見てください。

===============================

はじめまして                2005年4月23日 14:59:03 今度こそ
今日の午前0時から禁煙をはじめました。今15時間経過してます。
とにかく1日頑張れば2日目、3日目も頑張れると思うので、まず今日一日を
頑張ります。皆さんの書き込みがすごく参考になりますし、励みにもなります。
これからもよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------
二日目です                    2005年4月24日 17:08:02 今度こそ
昨日はとにかく禁煙しました。夜、お酒(焼酎のお湯割)を飲んで食事をする時に、
喫煙魔に襲われるんじゃないかと思っていましたが、タバコを吸わなくてもお酒と
食事を楽しめましたので、安心しました。
今は17時なので禁煙を始めてから41時間です。明日も頑張ります。

---------------------------------------------------------
三日目です                    2005年4月25日 10:14:58 今度こそ
吸いたい願望がガンガンと頭の中に突き上げてくる。一日目、二日目よりも
強いみたい。「吸わない決意」が薄れてきたのかもしれない。もう一度
「ダメ人間の禁煙日記」を読み直して決意を取り戻そう。
とにかく3日間の禁煙実績を作れば、後はそれを一日ずつ伸ばせばいいので、
今日は頑張ろう!!!

---------------------------------------------------------
そうです。3日間がつらいんです。      2005年4月25日 10:44:08 ハリザッコ
今度こそさん,禁煙がんばってますね。
3日目が一番つらいっていいますよね。
ここを乗り越えたら,きっと楽になる。
がんばれ がんばれ

---------------------------------------------------------
ありがとう                    2005年4月25日 16:18:46 今度こそ
ハリザッコさん、励ましのメッセージありがとうございます。
このようなメッセージには、とても勇気付けられます。
とにかく「ニコチンまみれの人生には2度と戻らない。」
をスローガンにして頑張りぬきます。後8時間で3日目も
禁煙成功にします。

---------------------------------------------------------
頑張ってください!              2005年4月25日 22:09:22 MON WEB
禁煙4日目突入ですね。
この調子で1週間、10日、20日、1カ月と伸ばしていってください。
私もまだ3週間なんですが、せっせと頑張ってます。
禁煙で、病気になる恐怖を考えれば、一時の欲求なんて、
我慢できますよ。
私は、TVで癌宣告と余命宣告される番組を見て、
絶対に吸わないと決意したんです。

これからも一緒に頑張りましょう!

---------------------------------------------------------
4日目                     2005年4月26日 10:33:33 今度こそ
4日目です。3日までは喉の奥にニコチンがへばり付いているような感じが
していたのですが、4日目の朝はそれが大分少なくなった感じです。
吸いたい願望が時々顔を出しますが、我慢できる範囲です。タバコを買いに
走らせる程の強い動機付けはありません。
ここまで来たら、まず一週間を目標に頑張ります。
MONさんメッセージありがとうございます。一緒に頑張りましょうね。
よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------
五日目                     2005年4月27日 13:16:12 今度こそ
五日目です。吸いたい願望がちょくちょく顔を出します。仕事が一段落した時、
昼食後など・・・タバコは買いには行かないけど、手元にあれば吸ってしまう
気がする。これっていつまで続くんだろう。
でも、とにかく今日は五日目、明後日は7日目、一週間。ニコチンの無い生活へ
向かって、禁煙を続けよう!

---------------------------------------------------------
1週間達成は目の前ですね       2005年4月27日 14:47:01 ハリザッコ
人間の一生の中で一番劇的に体が変化するのは
生まれてから1歳ぐらいまでの赤ちゃん時代です。
禁煙もきっと同じで禁煙によって体が一番変化するのは
始めてから1週間ぐらいの「はじめたばかり」の頃だと思います。
だから,今が一番つらいですよね。
けれど,ここを乗り切れば「体」はOK,後は「心」の問題だけ
今度こそさん がんばって とりあえず 1週間達成しましょう。

---------------------------------------------------------
六日目                    2005年4月28日 13:16:23 今度こそ
六日目です。時々ふと「タバコを吸いたい」という気持ちになりますが、
その気持ちは5秒間と続かないことに気が付きました。吸いたい気持ちが
だんだんと減少してきているのは間違いありません。
ハリザッコさん励ましのメッセージありがとうございます。ハリザッコさんの
言われたとおりだと、だんだん信じられるようになりました。これからも
よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------
7日目                    2005年4月29日 10:29:45 今度こそ
いよいよ7日目、今日で禁煙一週間です。
もうここまで来たら後戻りは出来ない。
ニコチンに支配されない新しい人生を歩み続けよう。
皆様のおかげで7日まで来れました。
ハリザッコさん、MONさん、たくさんの励ましをありがとう。
それから「ダメ人間の禁煙日記」にもずいぶん助けられました。
くじけそうになったら、「タバコを吸いたくなっったら」を何回も
読み返しました。ありがとうございました。
私の報告はここで終わらせていただきます。
また、2週間目とか、20日目とかに新しいスレッドで皆様に
お目にかかります。
皆さん、これからも一緒に頑張りましょう!!!

---------------------------------------------------------
1週間達成おめでとうございます。   2005年4月29日 12:56:14 ハリザッコ WEB
最初の1週間は禁断症状と果たして禁煙できるかという不安
で、苦しいものです。それをよく乗り越えられました。
1週間達成するとこれからの禁煙への自信につながります。
この次のレス、期待しています。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-29 11:13
2005年 07月 27日

祝:90日

e0002476_1012888.jpg
  祝:あめさん!!!   90日達成
            ☆.。.:*・゜`★
     ☆.。.:*・゜`★☆.。.:*・゜`★

      オメ━━━(゜∀゜)━━━デトー!!!
     ☆.。.:*・゜`★☆.。.:*・゜`★
おめ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*でとー
     ☆.。.:*・゜`★ ☆.。.:*・゜`★


あめさんのお祝いなので、あめさんの顔文字を借りて作ってみました。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-27 10:14
2005年 07月 25日

タバコを買った!

夢の中で何回かタバコを吸ったことがあります。どういう訳か、その時は
夢ということが分かっていて、「ラッキー!」と思いながらタバコを吸っていました。

ところがとうとうタバコを買ってしまったのです。日曜日の朝、夢の中で。
この時は、夢とは分からず、タバコの封を開けてから、吸おうかどうしようかと
迷って、胸ポケットにタバコを入れました。

そこで目が覚めました。うん??? もしかして、と思って胸に手を当ててみると
そこにはタバコはありませんでした。
良かった、買ってなかったんだ、と思って正直ホッとしました。

夢の中でタバコを買うんだから、まだ吸いたい気持ちは残っているんですよね。
でも目が覚めて夢だと分かった時、ホッとしたのも事実なので、もうタバコは
吸わない、という気持ちになっているのも事実なんです。

我慢しないで、クリーンを楽しもう!!!
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-25 16:39
2005年 07月 22日

禁煙90日

最近は禁煙日数をあまり数えなくなりましたが、ダメ日記の門下生名簿(2)で
禁煙日数が90日になっているのは、やはりうれしいです。

90日まで継続出来たのは、生まれて初めてのことです。 なぜここまで継続
出来たのだろうと考えてみると、いろいろな要素があります。

まず大事な一つは、禁煙仲間がたくさん出来たことです。
みんなががんばっているから、自分もがんばれる。みんなに励まされて、
自分も励ます。仲間がたくさんいるということはすばらしいことです。

    でも、仲間がたくさんいるということは、喫煙の動機付けにもなっているので
    こちらの方は、とても困ったことですね。
    親が吸うから、友達がすうから、みんな吸ってるから、タバコを吸うことは
    恥ずかしいことでも、悪いことでもないから、と未成年喫煙者が
    どんどん増えています。

禁煙仲間がいっぱい増えていけば、「タバコを吸うことは時代遅れで恥ずかしい
ことなんだ。」というのが、社会通念になる時が来るかも知れませんね。

二つ目は、タバコのことをたくさん知るようになったことです。タバコのことを知れば
知るほど、タバコは害をもたらすばかりで、益は一つも無いことが分かります。
タバコの害の最悪のものは、精神がニコチンに支配されてしまって、ニコチン依存症
になってしまうことです。
ニコチン依存症になるから、誰でもタバコはいいものだと錯覚を起こして、
タバコを吸い続けてしまうのです。そしてニコチンやタールや一酸化炭素が
体中を蝕んでいくのです。
このようにタバコが麻薬だということを知ったら、もう2度と吸う気にはなれません。

三つ目はタバコから開放されたことの素晴らしさを知ったことです。
タバコが切れた時の恐怖感から開放されている今は、本当に幸せだと思います。
部屋も車もどこもかしこも汚い煙や灰で汚さなくてもいいのです。喫煙場所を探して
おろおろとドロボウ猫みたいに灰皿を探さなくてもいいのです。
痰も出ません、咳も出ません、肌の色が本当に良くなりました。
自分では気が付かないけど、体の中でもいいことがいっぱい起こっているに
違いないと確信しています。なぜなら、麻薬を3ヶ月間も体内に取り込んでいないの
ですから。

今はもう、タバコを吸わないことの恐怖感はぜんぜんありませんし、吸いたいとも
思いません。1本お化けは時どき出ますが、線香花火ほどの力も無く、すぐ消えて
しまいます。
最初は辛かったけど、今はタバコをやめて本当に良かったと、思っています。
タバコを吸わないことの幸せ、喜びを心から感じています。

禁煙仲間のみなさん、本当にありがとうございました。これからもずっといっしょに
禁煙を楽しんでいきましょうね。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-22 15:41
2005年 07月 21日

病名:ニコチン依存症

タバコ病:精神への影響

喫煙によって生じる最大の健康障害は、精神をニコチンに支配されてしまう
ニコチン依存症です。ニコチンには麻薬と同等の依存性があり、アルコールより
はるかに大きな健康破壊能力があります。タバコは嗜好〈しこう〉品ではなく
依存性薬物で、本来麻薬や覚せい剤と同様に、法律で使用と製造を
制限されるべき製品ですが、タバコ会社が巨大な資金力で国家行政と
マスメディアを操〈あやつ〉っているためになかなか規制が進みません。


 ニコチンは脳の神経のシナプスにおいて神経伝達物質に成り代わり、
神経回路を誤動作させて薬理作用を発揮します。ニコチン依存症におちいると、
シナプスが過剰反応に慣れて機能低下を起こします。ニコチンなしでは神経回路が
正常に機能しなくなり、不快な離脱症状が起こりますが、ニコチンが離脱症状を
解消するからといって、これをニコチンの効用とは呼べません。
ニコチンのない状態がしばらく続けば、シナプスの機能は正常化します。

 喫煙者は「喫煙がストレスを解消する」「集中力を高める」と感じますが、
ストレスの多くはむしろ喫煙習慣によって生じていたり、ニコチンの離脱症状によって
増幅されていたりするストレスです。喫煙しているうちは「タバコなしでは生きられない」と
思いこみますが、これはニコチン依存症によって起こる錯覚で、禁煙に成功したあとは
ストレスが減り、ニコチンなしでも集中力が持続します。記憶力や反応速度も上昇し、
脳の本来の力を発揮できるようになります。

 ニコチン依存症におちいると、タバコのことに関してだけ正常な思考ができなくなります。
価値観にゆがみが生じて、タバコが何ものにも変えがたい大事なものに思えてきます。
根拠なく受動喫煙の害を否定して、自分の喫煙を正当化しようとする人もいます。
喫煙から脱する第一歩は、「喫煙は考え方をねじまげてしまうニコチン依存症という
病気である」と自覚することにあります。


 低年齢から開始した喫煙は重度のニコチン依存症を引き起こします。
未成年喫煙を防止しなければならない最大の理由がここにありますが、同時に、
タバコ業界が自販機撤廃や年齢確認徹底を行おうとしない理由もここにあります。
今のところ、このもくろみは成功しており、未成年喫煙は激増しています。
日本のタバコ消費の6分の1は未成年によるものです。


 ニコチンには不眠症を起こす作用があり、喫煙者では寝つきが悪く、
悪夢を見やすい傾向があります。

 喫煙はパニック障害とパニック発作の発生リスクを数倍に上昇させ、
治療に使われる薬物(SSRI)の効果を弱めます。パニック障害と類縁の病気である
広場恐怖症、社会恐怖症、特定恐怖症、特定不能の恐怖症、外傷後ストレス障害に
おいても、喫煙との関連が示唆〈しさ〉されています。

【タバコ病辞典より】
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-21 14:21
2005年 07月 19日

祝:達成

e0002476_10414810.jpg

祝:しろうさん、90日達成。
  おめでとうございます。
いつもたくさんの笑いと励ましをもらってありがとうございます。

これからも、いっしょに禁煙を楽しみましょうね。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-19 10:49
2005年 07月 18日

児童生徒への喫煙防止指導は中学生からでは遅い!!

                                       佐藤  勇

 喫煙に関する米国の報告では、喫煙者の平均寿命は非喫煙者にくらべて、
男性で13.2年、女性で14.5年短いと言われています。喫煙は全身臓器に
悪影響を及ぼしますが、成人にくらべ未成年者により強くあらわれ、
喫煙開始年齢が低いほど、将来癌や心臓病で死亡する危険率が高くなります。
問題なのは、喫煙開始年齢が低いほどニコチン依存が強く、禁煙が困難に
なることです。我が国では小学校低学年から喫煙経験者がみられ、
中学1年生ですでに20%が喫煙経験者で、高校3年では55.7%になり、
毎日喫煙する高校生が25.9%に達していると言われています。けっして
一部の非行少年でなく、「普通の」子どもたちが吸っている状況です。
子どもたちは幼い頃から、身近なおとなが喫煙する姿を見ながら育つため、
喫煙を「自然な習慣」と受け止めやすいと言えます。こどもが受動喫煙に
さらされると、乳幼児突然死症候群、気管支喘息、さらに反復性中耳炎の
危険因子となります。こどもの目の前では吸わないようにすることは、
受動喫煙をふせぎ、喫煙を自然な習慣と思わせないためにも必要でしょう。
こどもに対しては、将来の発癌の危険性よりも、喫煙行動がけっして
格好の良いことではないこと教えてゆくことが大切でしょう。ただし、
「喫煙は20歳を過ぎてから」は逆効果です。早く大人の気分を味わって
みたいこどもには、魅力的に響くからです。
 今年日本学校保健学会では「<タバコのない学校>推進プロジェクト」を
立ち上げました。学校や公共施設での禁煙を徹底すれば、未成年者の
喫煙率は低下すると言われています。子どもたちを取り巻く大人達の
取り組みが、重要といえるでしょう。筆者も、かっては喫煙者でした。
こどもに諭されて禁煙した情けない医者です。こどもへの借りを何とか
返さなくてはなりません。小学生からの禁煙指導、決しては早すぎるとは
言えないでしょう。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-18 14:49
2005年 07月 14日

祝・達成

e0002476_10372918.jpg

祝:ハリザッコさん、150日達成。
祝:恵 理 乃さん、 90日達成。
祝: わ こ  さん、  90日達成。
   おめでとうございます。

パパしんさん、クリーンな世界へようこそ!
これからも、いっしょに禁煙を継続していきましょう。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-14 10:39
2005年 07月 12日

タバコの記憶

禁煙して80日になりますが、いまでも「吸いたい!」と思うことがあります。
いわゆる1本お化けです。
80日もタバコを吸わないと、もうニコチンは体内には残っていないはずですが、
どうしてタバコを吸いたいと思うのでしょうか。

それは多分脳の受容体に、ニコチンを受け入れたいという記憶が残っているからでは
ないでしょうか。
脳の詳しいメカニズムは分かりませんが、ニコチンは他の脳内物質と似ているので
脳はニコチンの刺激を記憶しているのかも知れません。
この記憶はニコチンが刻んだ傷として、脳の中に一生涯残るのではないでしょうか。
喫煙していた人は、タバコを止めてから10年経っても15年経っても、ふとタバコを
吸いたいと思うそうです。

そして、何年か後に、ついつい吸って、喫煙者に戻ってしまう人が多いのも事実の
ようです。
禁煙して最初の頃は、タバコの害について勉強もするし、禁煙のメリットも勉強するので
禁煙のエネルギーが体中に満ち溢れていますが、年とともに禁煙の自覚は
消滅して行きます。そしてある時、1本お化けが出たときに、まっいいか、と
ついつい吸ってしまうのではないでしょうか。

では禁煙し続けるためにはどうすればいいのでしょうか。
僕の場合は、いつもタバコの害を思い出して、タバコを「嫌い」続けるようにしています。
タバコを懐かしんだり、タバコが自立の象徴だなんて吸い始めの頃を思い出して、
タバコを好きになったら絶対ダメです。タバコを懐かしいと思っている人は、
結局いつかはタバコを吸うことになると思います。

車の中や部屋がヤニですっかり汚れてしまったことや、息切れがしていたことなどを
忘れないように、いつも思い出すことが禁煙継続のためには大事だと思います。

ここまで書いて思い出したのですが、喫煙と戦争は同じですね。
喫煙も戦争も二度としないためには、いつもその恐ろしさを思い出して、
忘却しないことが重要です。
[PR]

by howsoonjp | 2005-07-12 18:08