楽しむ禁煙:心も体も自由へ羽ばたこう!

howsoon.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

喫煙がストレスを引き起こす

長い間、タバコを吸うことは日常生活のストレス解消になると考えられてきました。
しかし、新しい研究により、喫煙は現実にストレスを引き起こすことが発見されました。
Scotsman3月14日の報道です。スコットランドにあるDundee大学病理学神経科学教室の
研究者は、喫煙が脳内に物理的変化を引き起こし、それにより体内にある天然の
ストレス解消ホルモンであるセロトニンの伝達が抑制され、その結果、喫煙者では
セロトニンが欠乏し、強いストレスに苦しむことになると述べました。
ニコチンはドーパミン濃度を上昇させ、喫煙者をストレスから短時間解放しますが、
科学者はニコチンの幸福効果は単に一時的なものであると語りました。
この研究は依存症になった喫煙者のためにセロトニン産生を刺激する薬など、
更に効果的な薬物の開発に繋がるかも知れないと研究者は語りました。
反タバコ圧力団体であるASHスコットランドの会長Maureen Mooreさんは、この研究は、
喫煙には喫煙者の多くが信じるほど不安を減少させる効果がないことを確認したものである
と語りました。
「喫煙者は喫煙が彼らをストレスから解放すると信じていますが、本当は、これは誤解です」
と彼女は語りました。「喫煙は喫煙者をニコチンの禁断症状から解放するものであり、
ストレスから解放するものではありません」。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-30 14:59
2005年 06月 28日

感情と理性

感情と理性、それは人間にとって両方大事なものである。
感情が無ければ、花の美しさも人のやさしさもわからない。
理性が無ければ、物事を正確に把握して理解する事はできない。

禁煙を始めて間もない頃、「吸いたい」という気持ちが激しく胸を襲ってくる。

これはニコチンが脳の受容体を刺激して、新たなニコチンの補給を要求している結果である。

ニコチンの要求を私たちは、吸いたい気持ち、つまり感情として受け止める。

ここで吸ってしまった場合は、感情がニコチンの要求に負けた場合である。

吸わなかった時、私たちはなぜ吸わないでいられたのだろうか。

それは理性が感情を抑えた場合である。

理性が勝つ場合、

①タバコの環境、身体、への害をよく理解している。
②ニコチンの支配から脱出する価値を理解している。
③タバコの無い生活がどんなに素晴らしいかを想像できている。
④たった1本吸う事が、悪魔の喫煙連鎖につながることを知っている。

つまり理性とは理解、想像、などで、自分の感情をコントロールできる力である。

ニコチンは感情にしか働きかける事はできない。
しかし私たちには感情を律する理性という強力な思考力を持っている。

これは、禁煙して1~2ヶ月経った頃の1本お化けに対しても同じである。

1本お化けが心を動かした時、理性の備えが無ければ、ついつい吸ってしまう。

1本吸う事が、これまでの禁煙を無駄にして、悪魔の喫煙連鎖につながることを
しっかり理解していれば、お化けに負ける事は無い。

自分の持っている理性の力をしっかり理解して禁煙を続けて行きましょう。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-28 18:32
2005年 06月 27日

教育現場の禁煙

確実に喫煙者を減らすためには、子どもたちが喫煙の世界に入るのを防ぐことです。
そのためには禁煙教育が大事だとおもいますが、まず最初にやるべき事は
「喫煙者は教師に採用しない」ことを文部科学省がはっきり打ち出すことです。
それが社会の喫煙者にに与えるインパクトは計り知れないくらい大きいと思います。

和歌山県の小学校の教師の禁煙体験記がありますので、紹介します。

「私にとってのたばこ」 小学校勤務 四十一歳 喫煙歴二十年

 「学校敷地内禁煙」の話を聞いたときは、正直衝撃を受けました。今まで「タバコの害」や
「肺がん確率の多さ」など、本や映像で何度見てもタバコをやめられなかった私にとって、
禁煙することがどれだけ難しいかよくわかっていたからです。
過去に頑張ったこともありましたが、続かなかったし、いらいらとストレスをためるよりは
吸ったほうが落ち着くからと自分に都合よく考え、それ以来やめたいという気持ちが
あっても禁煙は無理だろうと思っていました。それでも敷地を出てまでも吸うのかと
考えたとき、もう一度挑戦してみようかと思い直したのです。やはり当初は苦しかったの
ですが禁煙した経験のある人に話を聞いたり、ガムをかんだりして何とか持ちこたえ、
今に至っています。禁煙してよかったと思えることはいくつかあります。まず休憩時間に
子どもと過ごす時間が増えました。これまではタバコを吸いに教室を出ることが多かったの
ですが、その必要がないので、子どもと教室で一緒に過ごし、休み時間の様子を
よく知ることができます。テレビ番組でもやっていましたが、スポーツ等をしても息切れが
なくなり、活発に動くことができるようで、喫煙が普段の呼吸まで左右していたことにも
驚きました。
 家庭でも空気がきれいになったといわれます。自分が吸わなくなると他人の煙にすごく
敏感になるもので、食事のときなど不快な気分にしていたのだなあと改めて感じました。
喫煙には周囲を気にして、マナーも守っていたつもりでしたが、違う立場となって
知ることが多かったです。
 また子どもたちに禁煙教育をするときに、後ろめたさがなくなったことも大きいです。
身体によくないと指導しながら、自分ができていないというのはつらいものでした。
格好がいいとか大人びて見えるからというような外見からタバコに興味を持ったり、
好奇心から吸う子どもが多いので、タバコの害をしっかりと認識し、一時の感情で
抜け出せない習慣をつけないようにと願います。自分の経験を話しながら子どもたちに
伝えていくことができればと思っています。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-27 10:20
2005年 06月 25日

「子どもに無煙環境を!」入選標語

吸わないで あなたの空気は みんなの空気

その煙 やさしい心も くもらせる

けむり消え まわりのみんな えびすがお

僕らには 小さなタバコ火 大きな恐怖

愛する我が子 キレイな空気で 育てよう

プロポーズ 100本のバラより 禁煙よ

子育ては 笑顔 愛情 純空気

たばこのけむり 時間がたつと消えるけど 見えない害が残ってる

やなけむり 髪にも服にも からだにも

もう少し 近づきたいのに 煙のバリア

まきぞえは 断固反対 副流煙

なぜ吸うの? 自分の健康 捨ててまで

病気して 初めてわかる 禁煙訓

不健康 お金で買って どうすんの

キッスはね タバコをやめて からにして

今時たばこ? 古いって

赤ちゃんも 叫ぶ 「ムエーン・ムエーン」と

国際煙除

そのタバコ 吸えば吸うほど 減る命

喫煙所 命とタバコの 交換所
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-25 15:40
2005年 06月 24日

喫煙と動脈硬化

上島弘嗣(うえしま・ひろつぐ) / 滋賀医科大学教授

たばこに含まれるニコチンは、血管壁を傷つけ、動脈硬化のきっかけをつくるほか、
たばこには内膜に入り込んだLDLを外へ運び出す善玉コレステロール(HDL)を
減らす作用もあるため、血管の壁にコレステロールがどんどん溜まって、動脈硬化
が進行します。

 また、たばこを吸うと生じる一酸化炭素は、赤血球内のヘモグロビンと結合します。
ヘモグロビンには酸素を運ぶ働きがありますが、一酸化炭素はそれを阻害するため、
全身が酸素不足に陥ります。酸素を補うために、たくさんの赤血球がつくられる結果、
血液が粘っこくなり、流れが悪くなります。しかも、ニコチンには、血管を収縮させる
働きもがあるので、血液の流れはさらに妨げられます。

 このようにして、喫煙が動脈硬化を促進させ、心臓病や脳卒中などの病気になる
危険性を高めていくわけですが、喫煙量が多ければ多いほど、これらの病気にかかる
リスクが高まることがわかっています。しかし、禁煙すると、病気のリスクは少なく
なります。特に、心筋梗塞については、禁煙して数年で、たばこをまったく吸わない人と
ほぼ同じレベルまで、リスクが下がります。また、禁煙すればHDLの量が元に
戻るので、動脈硬化の進行を抑えられます。

----------------------------------------------------------------

これほどタバコと動脈硬化の因果関係が明らかになっているのに
タバコを止めようとしない人が多いのはなぜでしょうね。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-24 14:07
2005年 06月 23日

タバコ 好き?、嫌い?

ある禁煙ボードで、あと少しで禁煙1ヶ月になるという女性が、
憧れの女優がテレビで美味しそうにタバコを吸いながら、120歳まで生きるわよ。と話して
いるのを見て、(喫煙に)動揺してしまって、タバコを吸う夢を見てしまった。

という書き込みがあったので、僕は
テレビで女優がタバコを吸っているのを見ても「かっこいい」なんて思わないで
「いまだにニコチンの奴隷になっている哀れな女優なのね。」と哀れんであげましょう。
とレスを入れました。

ところがその女性は再び
ただ、ちょっと言いたいのは、私はけっして
タバコという存在が嫌いになったわけじゃないんです。
自分の絶煙とは切り離して考えたいと思っています。
と書いて来ました。

つまり自分は禁煙しようとしているが、タバコそのものは嫌いだとは思っていない。
と言うのです。タバコが好きと言うことは、禁煙してもいずれ喫煙者に戻りたい
ということなんでしょうか。
僕の場合はタバコは汚れるしきたないし、大嫌いになったから禁煙の決意をしたのですが、
そうでない人もいるんだなあ、ということを知ったのは驚きでした。

もっともその後に続けて、いなやんさんが、
「タバコという存在が嫌いになったわけじゃない」っていう主張はすごくよく分かります。
僕も、実は、きっとそうかもしれないです。
でも、今はタバコのことが嫌いになりたいって感じです。。。敢えて。

とレスしてくらたのは、僕にとっては救いでした。

皆さんは禁煙するのにタバコは好き?ですか、嫌い?ですか。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-23 14:27
2005年 06月 22日

禁煙丸々60日達成

ついに今日で禁煙60日達成しました。これから先は自分としては生まれて初めて
経験する領域に突入します。
これからもずっと禁煙が継続して、生まれて初めて経験する領域の日数がどんどん
積み重なっていくように、頑張ります。

一本お化けがフラフラと出てきたときに考えること・・・
今更一本吸ってどうなるって言うんだ。またニコチンで汚れたあの世界に戻ろうとでも
言うのか。今更元には戻れない。このまま進む以外に道はないのさ。

一本お化けさんよ、せっかくよりを戻そうと出てきてくれたのに、もはやお前さんとの
仲は戻せないんだよ。なにしろ俺には「清潔」という道連れがいるもんでねぇ。

ここまで来れたのは仲間の皆さんの応援のおかげです。
ハリザッコさん、しろうさん、池pさん、恵理乃さん、わこさん、いずみさん、MONさん
皆さん本当にありがとうございました。
これからもいっしょに禁煙の道を歩きつづけましょうね。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-22 10:04
2005年 06月 21日

タバコの臭い

タバコを吸っている時は人のタバコの臭いなんかぜんぜん気にしなかったのに、
最近は臭いに敏感になったのか、人のタバコの臭いがきになります。

部屋の中は禁煙になっているので、ある人が喫煙所でタバコを吸ってから
僕のところに来ました。
うわっ、タバコ吸ってきたね。
炭酸水から、シュワーッと泡が出るように、彼の口からは、シュワーッと実に
様々な臭いがあふれ出していました。

以前はぜんぜん気が付かなかった臭いが、わかるようになってきました。
でも、これって、自分もタバコを吸っていた時には、吸わない人と話しをするときには
すざましい臭いを放ちながら話していたわけですよね。

あ~、恥ずかしい、今になって気がつくなんて。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-21 13:34
2005年 06月 20日

非喫煙教育

ハリザッコさんが「ニコチン依存症は病気です。」と書いています。喫煙者は皆
ニコチン依存症ですから、タバコを吸う人はみんな病気だということになります。
ただ、病気だと自覚している人は、病気を治そうと努力するでしょうが、
大部分の喫煙者は自分が病気だと思っていないので、治そうとは思いもしません。

問題は、喫煙者が病気だとすれば、その予防は誰がしているのかと言う事です。
喫煙の予防とは、すなわち初期の段階で喫煙者を作らないということです。

自分の若いときを思い出して見ると、「タバコは大人になってから吸うもので、
20歳以下で吸ってはいけない。」ということは教えられましたが、タバコが体に及ぼす
害についてとか、ニコチン中毒から抜け出すのにいかに苦労しなければならないか、
などと言うことは一度も教えられた記憶はありません。

ところで今の子供にはこのようなタバコの害について、誰が教えているのでしょうか。
学校教育の中に、タバコの害を教えるプログラムが組み込まれているのでしょうか。
政府にはタバコ税の収入があるので、タバコ害の教育には反対する人も多分
多いのではないのでしょうか。

禁煙を試みる人は誰でも知っていますが、禁煙の苦労をするぐらいなら、
喫煙を始めないのが一番いいのは分かりきっています。

でも若い人でタバコを吸う人は増えているような気がします。高校生で吸っている
人もいますし、大学生で吸っている人はいっぱいいます。僕の知っている学生なら、
タバコは止めなさいと言い続けていますが、教育の現場でもっとしっかりと
指導すべきなのではないでしょうか。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-20 14:38
2005年 06月 19日

励ます

ヤフーで禁煙サイトを検索してネットサーフィンをしているうちに、「ダメ人間の禁煙日記」
にたどり着きました。
そして禁煙を開始した初日に「禁煙なんでも掲示板」にスレッドを立てて書き込みを
しました。
すぐ何人かの人から励ましのレスをいただきました。禁煙を始めてすぐの辛い時なので
励ましの言葉が心に染み込みました。

その後禁煙継続1ヶ月を過ぎた頃から、禁煙を始めたばかりでボードに来た人たちを
自分も励ますようになりました。

いくつかの禁煙掲示板があるみたいなので、時どき覗きに行きます。そして感じることは
「禁煙掲示板には、荒らしが少ない。」ということです。全くゼロではないでしょうが、
一般の掲示板とか、2チャンネルなどと比べると、荒らす人が本当にいないと思います。

それは多分、禁煙掲示板に来る人たちが、「なんとも言えない、しみじみとしたような、
禁煙の辛さ」をみんな知っているからではないでしょうか。
だから励ます人は、自分の経験を踏まえて心を込めて励ましますし、受け取る人も
辛い状態の時なので、本気で励ましを受けとめるのだと思います。

そして最近気が付いたのですが、「心を込めて人を励ました言葉は、結局は
自分に戻ってきて、自分自身を励ましている。」のではないかと言うことです。
この励ましの連鎖が、禁煙継続への動機付けを与えていることは間違いありませんよね。

人を励ますことは自分を励ますこと。禁煙はまさに人生そのものですね。
[PR]

by howsoonjp | 2005-06-19 10:12