楽しむ禁煙:心も体も自由へ羽ばたこう!

howsoon.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 12日

一本おばけ、一本だけ

禁煙開始後3~4ヶ月までは一本お化けの出没に悩まされた。毎日の行動のリズムと
タバコがこんなにも深く結びついていたのかと驚かされた。でも一本お化けは出ても
しつこく居座るわけではないし、気を逸らせばスッと消えるのでそんなに怖くない。

一本お化けよりももっと悩まされたのは、「一本だけ吸いたい願望」だった。これも
4ヶ月目ぐらいまではしつこく出た。もう4ヶ月も禁煙したんだから、一本吸ってもすぐ
禁煙に戻れるんじゃないか、タバコってどんな味だったっけ?一本だけ吸って、すぐ
禁煙に戻って、自分の意志の強さを確認してみたい。

などといろいろと屁理屈をつけて、一本だけなら大丈夫だろうから吸ってもいいかもと
思い続ける日々があった。

でも結局は一本も吸わなかった。理由は、タバコを1箱買うと一本だけ吸って残りの
19本を捨てる自信が無かったし、結局は20本吸って喫煙者に戻ってしまうことを
恐れたからである。

もう一つは、ハリザッコさんが6ヶ月の禁煙後、車の助手席に乗せた同僚が吸った
タバコの吸殻を、あるとき吸ってしまって、結局は一日20本の喫煙者にもどるのに
1週間もかからなかった、という話をハリザッコさんのブログで読んで、一本お化けの
怖さを身にしみて知っていたからである。

ニコチンの怖さはたった一本のタバコの後に一万本のタバコが待ち構えているという
ことである。一本すったら一万本のたばこを吸う嵌めになるという怖さを禁煙者は
もっと真剣に知るべきである。
なぜなら一本だけ吸ってすぐ禁煙に戻れたとしよう。それから一日間は吸わないで
いられる。でもそこに落とし穴が待ち受けている。「なんだ、一本吸っても、もう一日
吸ってないし、すぐ禁煙に戻れることが分かったから、もう一本吸っても、またすぐ
禁煙に戻れるんだ。」と考えるに決まっている。ニコチンがそう考えさせるのだから
怖いのだ。結局禁煙の間隔がどんどん短くなっていって、元の木阿弥の喫煙者に
戻ってしまう事は明白である。

なぜ禁煙を開始したのかを明確に自覚するようにしたい。ニコチンは毒物、麻薬で
あることを明確に知るべきである。そうすれば一本お化けに負けるわけがないと
自分に言い聞かせることができるだろう。
[PR]

by howsoonjp | 2005-11-12 16:31


<< コンビニで      禁煙、最初の一週間 >>